夏も終わり、メダカの採卵も今日が最終日


スポンサードリンク

処暑、白露

明日が白露、今日は処暑の最終日

夏と秋の境目にもいろいろな段階があると思いますが、処暑は晩夏、まだまだ暑い日があっても白露は秋という気がします

昨日も、池の金魚すくいと濾過槽洗いで大いに日焼けしてしまいましたが、若い頃も9月初は夏を惜しむように、海や川やプールに行ったものでした

なので、そこまでは夏(晩夏)

でも、白露になり、稲刈りが始まると、どんなに暑くても、秋色になった田んぼの向こうに広がる空は秋の空

蝉の声が秋虫の声に代わり、スイカが梨やぶどうに代わり、柿の実も大きくなり(まだ青いですが)、その上台風までやってきて・・・

稲が刈られた田んぼの前にミニチュアダックスフンド

稲が刈られた田んぼ、秋の朝の日差し、なぜかオラつくチビ姫

 

 

採卵終了

今年の新たな発見は、メダカの産卵も水草(ウォーターマッシュルームホテイアオイ)の成長も、暑さの盛りを過ぎてからのほうが活発なこと

両方とも、今がピークな気がします

メダカはともかく、水草は夏前にやる気だして欲しかったんだけどなぁ・・・

 

そして卵産みまくりのメダカですが、以前から決めてた通り、白露の前日の今日でメダカの採卵を終わりにします

採卵終了といっても、これから孵る卵もたくさんあるので、まだまだ針子や稚魚のお世話は楽しみますが、それでも今日で一区切り

 

この一週間は、初めてメダカの卵容器を作り、卵を1つずつ手でほぐし、孵ったら一匹ずつ掬って・・・というのをやってみました

毎日卵が増え、毎日数匹の針子が孵って、それが大きくなって・・・

ちょっとめんどうだけど楽しくて、でも、おそらくまだ上手にはできてない
もっといいやりかたがある気がするうちに、最終日になってしまいました

来シーズンはどう採卵しようかな?

 

メダカの卵が入った小さい容器

昨晩の大雨の中びしょ濡れになりながら室内に入れたメダカの卵容器

 

増やすだけじゃなく・・・

調べると、孵化率を上げる方法ならたくさん情報があるのですが、求めてるものがそれだけじゃないので

ウチの場合池メインで、キャパはそれなりにあるつもりでしたが、金魚が増えるとメダカとの混泳は難しくなったし

池に入れたチビ金魚(小赤下)も、生き残る子の率はそう高くないことが判り、今年はキャパの限界を実感しました

容器(というか自分の管理キャパ)を増やすつもりがないのだから、たくさん増やすのではない飼育スタイルを考えねばなりません

積極的に里子に出すってのもそのうちの一つですが、それだけじゃダメな気がしてます

たくさん卵産んでもらって、それが全部育って・・・ って一見理想のような気もしますが、自然の摂理からするとそんなの異常事態だし、でも僕は神様じゃないので選別するとかは違うと思うし・・・

今のところ答えがありませんが、まだまだ来シーズンまで時間はあるので、ゆっくり考えようと思います

 

バケツに入った並和金3匹と別和金1匹と別下3匹

今日の里子7人衆、いい子にして可愛がってもらうんだよ!

 

ドジョウをお迎え

今日は、越冬隊長のドジョウをお迎えする日でもあります

採卵最終日と重なったのはたまたまですが、単なる偶然ではない気も・・・

果実をつける植物のように、冬越しに備えたくさん食べて太る動物達のように、池遊びも冬に備えての作業を始める日ということです

 

とはいえ、いきなりホテイアオイと一緒に温室に入れるのには早すぎるので、しばらくはドジョウ隊長達(隊長達って変だな)の可愛いしぐさを観察したいと思ってます

池に入れちゃうともう掬うのが難しくなるので、メダカ用のプラ舟か、それとも室内水槽かなぁ?

いずれにしても楽しみです

 

さぁ、今日も忙しいぞ!

     
にほんブログ村 ビオトープ