池にカエルと金魚と白メダカ

なんでも自分で試してみよう!

アメリカから目が離せないから、目が辛い


スポンサードリンク

リモートワークのデメリット

ほぼリモートワークの生活がずいぶん長く続いてます。

リモワのメリットである、通勤がないとか、家族やペットと過ごす時間が増えるとかは今までも何度か書きましたが、デメリットもあります。

仕事上のコミュニケーション不足的なことはあまりデメリットには感じておらず、むしろ手軽にオンラインチャット等ができるメリットのほうが大きいくらい。

デメリットはむしろオフィス環境に比べて快適ではない家のお仕事環境、暖房が十分じゃないとか、机や椅子が快適でないとか、そういう部分です。

一番負担が来てるのが「目」。仕事用のPCがモバイルノートなので、画面が小さく。オフィスでは大きなディスプレイに繋いで使ってたので、その差が目に来ます。

結果、ドライアイになって、眼科の通ったりもしました。

家にも20インチのディスプレイが2台あるのですが、場所的に常設できなくて・・・。15インチくらいのモバイルディスプレイを買おうかなと思案中。

 

目に負担がかかる週間

特に今週は、目に負担がかかっています。仕事以外の時間も、PCに張り付いてるからです。

何やってるかというと、今週火曜日に「少し風向きが変わったかも」と書いたアメリカ情勢ウォッチング。

momijiteruyama.com

 

クラーケンを解き放つ、軍事弁護士登録、国家反逆罪 などなど、今週前半にトランプ陣営が言った威勢のいい言葉が、昨日あたりからとうとう実行され始めたようです。

ジョージアでクラーケン第1弾となる起訴、ミシガンでも起訴(第2弾)。今までと違い、証拠も提示され、正式な司法手続きに入ったのですから、新ステージです。

それでも、米日メディアは何も報道しません。そこで、情報源はもっぱらツイッターYoutubeなどになります。

となると、怪しい情報も多く、どれを信じていいやら。

まぁ、今回はうやむやにされ揉み消されるような事はなさそうなので、時が経てば何が真実かわかるでしょう。だから何もツイッターに張り付いて見てる必要はないのです。

でもひょっとすると、今我々は相当凄いことが起きてる歴史的な瞬間を見てるのかもしれないと思うと・・・

 

それにしても、伝わってくる情報が、ホントなのかフェイクなのかわからないっていうのも面白いものですね。

今回はホントにメディアが全滅(フェイク&報道規制?)な上に、ネットメディア系の著名人も、けっこう意見が割れてるようで。笑

そういうのも含めて、とにかく面白い。

 

さて、今日は何が飛び込んでくるやら?

 

にほんブログ村 シニア日記