池にカエルと金魚と白メダカ

なんでも自分で試してみよう!

田植えと軽トラとアップライトピアノとベートーヴェン


スポンサードリンク

※別ブログに2013年5月に書いたものの再アップ

f:id:momijiteruyama:20201228212819j:plain

『奇妙な偶然が重なり、結果的にそれが素敵な時間になる』

若いころには、そんなことが良くあった気がします。


特に、ウチの奥さんとの間ではそんなことが良く起こりました。

計画なんかなしに、二人で飛び出し、トラブルもあるけど、それをなんとか切りぬけると、思いがけない素敵な時間に出会えて・・・。

そういえば、僕が彼女と結婚しようと決めた理由は、まさにこれでした。ここ10年くらい忘れてましたが・・・

 

というのも実は、昨日が久しぶりのそんな日だったのです。

奥さんと二人でグンマーまで買い物に行ったのに、ちょっとトラブルがあり何も買えずがっかりしながら帰ってくる途中。

たまたま、以前から行きたかったけど、場所がわかりづらくてたどり着けなかった「手作りハンバーガー屋さん」の前を通りかかり、せっかくだから一度食べてみようかと寄ってみたら。

ハンバーガー屋さんはもう移転してしまっててそこにはなく、そこはlemon cafeというキーマカレー屋さんになっていて。

でもおいしそうだし食べてみようかと入ってみたら、予想以上にキーマカレーがとってもおいしく、料理にうるさいうちの奥さんも絶賛で。

食後にラッシーを飲みながらゆっくりしてたら、急にそのお店にピアニストが来られ
「これからミニコンサートやるので良ければ聞いてってください。クラシックなんですけど・・・」とのこと。


わけわからんぞ、なんじゃこりゃ? と、いろいろ状況を把握していくと、どうやらお店はカレーと音楽のcafeらしく。

マスターはジャズピアニストらしく、確かにお店には小ぶりなアップライトピアノが。

そして、ピアニストの方は田中良茂さんというすごい方らしく、演奏される曲はなんとベートーヴェン

そうこうしているうちに、いつの間にか集まった数人の観客で小ぶりなお店は満席になり・・・。

5月らしい好天のもと、開け放たれたお店の入り口から見える田植えの風景と、行きかう軽トラを背景に、アップライトピアノでベードーヴェン。

なんとも不思議な、でもなごやかで心地よいこの空間で、たまたま通りかかってカレーを食べてみただけの僕らも、ピアニストさんの素晴らしい演奏を聞かせていただいたのでした。


自分は母も姉もピアノの先生なせいか、女性のピアノ演奏を聴く機会はけっこう多かったのですが、間近で見る男性ピアニストの渾身の月光第三楽章の迫力は、体験したことないほどとってもすごくって。

なんというか、感無量でありました。


それも、ラッシー飲みながら、田植えと軽トラを背景に、アップライトピアノでのベートーヴェンですから、そりゃ、忘れられない体験になりました。


今日お会いしたいろんな方々に感謝です。ありがとうございました。

 

にほんブログ村 シニア日記