池にカエルと金魚と白メダカ

なんでも自分で試してみよう!

花粉症対策で内科に。物欲に抗う(危うい)。青椒肉絲。


スポンサードリンク

春と言えば・・・

すっかり忘れてましたが、春と言えば花粉症。週末暖かかったせいか、昨日いきなりドーンと来ました。「こりゃたまらん」と、早速かかりつけの内科に行って、花粉症のお薬を貰ってきました。「内科」ってのがポイント。耳鼻科じゃ待たされて大変ですから。

f:id:momijiteruyama:20210223064021j:plain

自分の場合、飲み薬(1日1錠)で劇的に症状緩和されるので、点鼻薬いらない。

昨日の夜早速1錠目を飲んだら、ぐっすり寝てしまい今朝は寝坊。しまった、今日は関東南縁の実家に帰省する予定なのに。慌ててブログを書いてます。

だいぶ減ったとはいえ、まだ緊急事態宣言中ではあり、公にはまだ外出自粛と言わざるを得ない状況でしょうが、所用もあるため最低人数で帰省してきます。

 

物欲に抗う

ペティナイフが欲しい』。こういう気持ちっていうのは、突如沸きおこるとなかなか治まらないもので、困っております。新しいペティナイフ買う代わりに、Globalの小出刃(GS-4)を使ってみてはおり、思ったよりも使いやすく驚いてますが、むしろそれで他の包丁も使ってみたくなってしまったり。

その上、こんなものまで借りてきてしまいました。

f:id:momijiteruyama:20210223064025j:plain

「世界で一番美しい包丁」と来たもんだ。もろに物欲刺激系、とっても危険。
一方、物欲を「研ぎ」に逃がそうという試みが左の2冊。

読んだら「世界で一番美しい包丁」には物欲刺激するような包丁はなく(自分にはゴージャス過ぎました)。でも、物欲を逃すためと思ってた「研ぎ」の本が、砥石という物欲を産むというのは予想外でした。

今は包丁も硬いから、セラミック砥石が主流らしく砥石もお高くてびっくり。1本4,000円くらい。1本じゃすまないし、砥ぐと砥石が凹むのでそれを直す「修正砥石」というのまで必要らしく。そんなん揃えたら、普通の包丁数本買えちゃいます。

今のところなんとか物欲に抗えてますが、どこまで持ちこたえられるか・・・ 

f:id:momijiteruyama:20210223064007j:plain

こちらは『世界一美しいチビ姫』。ますます猫化が進行中。
「お父さん、包丁なら一杯あるよ。それよりワンチュール買って」

 

青椒肉絲(チンジャオロース)

今は物欲だけでなく、『何かを切りたい』という気持ちも強く、青椒肉絲はうってつけでした。刻む刻む、そのわりには人参が太い。まだ気持ちに技術が伴っておりません。まだまだ道具どうこうのレベルじゃねーのさ(←となんとか物欲に抗う)

f:id:momijiteruyama:20210223064013j:plain
f:id:momijiteruyama:20210223064017j:plain
ピーマンが少なかったので人参で水増しした豚肉チンジャオロースby CookDo
麺つゆで味付けした、山芋のステーキを添えました。

では、接触と花粉に気を付けながら、約100kmほど南下してきます。

 

にほんブログ村 50代の生き方