帰省。梅と金魚とホテイアオイ。すき焼きフライパンごとドーン。


スポンサードリンク

帰省

帰省してきました。正月は控えたのでかなり久しぶり。用事はお年賀のお届けとお墓参り。不要不急ではないのです。

ついでに途中でジモティに出した鉄フライパンの受け渡し。欲しい方が神奈川の方で、送料のほうが高くなってしまうから、帰省ついでに届けてきました。

海老名近辺で受け渡し、そこから実家に向かうのに、若い頃よく通った町田線(藤沢町田線)を25年振りに通ってみました。当然変わってはいますが、変わってない景色も多く懐かしかった。畑もまだあってビックリ。藤沢あたりでもまだ結構畑は残ってるのですね。

f:id:momijiteruyama:20210224062921j:plain

なんじゃこりゃ? と思った建物。後で調べたら「湘南台文化センター」らしい。

 

梅と金魚とホテイアオイ

2月は帰省することが少なく、実家の梅を見るのは10年振りくらいかも。1月は正月帰省、3月は母の誕生日帰省、2月は狭間になってしまうのです。

梅は月曜日の強風でかなり花が落ちたらしく。でも綺麗でした。

帰省して必ずやることは、金魚の餌やり。

去年ウチの池で産まれた子達。大きくなったねぇ。

母は飼育歴50年超の大ベテラン。シンプルでお世話が楽な方法で、しっかり手をかけ飼育しています。普通の飼育の常識からすると、かなり過密飼育だと思いますが、頻繁に水替えするせいか、去年から1匹も☆になってないそうで。おそらく、餌はかなり絞り気味なんだろうと思います。

ホテイアオイも室内越冬してました。ウチのホテイアオイ(屋外)は、今年は越冬できなかったっぽいので、もう少し暖かくなったらわけてもらおう。

おや、三尾がいる。親には三尾いませんが、そういうものです?

 

戦利品

今回の帰省での戦利品はこれ。

砥石。「キンデラ」と呼ばれるド定番のもの。もんのすごく古いけど新品。

親父に「もしかして砥石余ってない?」と聞いてみたら、スゲー汚い年代物が出て来た。本人は別のもっと小ぶりな砥石を使ってるようで、これは祖父が買ったものかもとのこと。じいちゃん、使わせてもらうね。

 

すき焼きドーン

牛肉が安い日には薄切りを必ず買います。自分は焼いて「もみじおろし」で喰うのが一番好きですが、子供はすき焼きがいいと言います。毎週すき焼きでもいいらしい。すき焼きなら簡単だし、肉質も選ばないし、豚も入れちゃってもいいので、またやりました。

超高頻度メニュー。すき焼きフライパンごとドーン。

肉は焼き、野菜はレンジする方法で作ると、兄ザルは「野菜に味がない。野菜も煮ろ。」と言うし、野菜を煮ればこんどは弟ザルが「野菜の味濃すぎ」と言う。仕方なく今回は、ごく短時間野菜を煮ました。そしたら、クレームなしでした。

もう少し肉に焼いた感が強いほうが好みだから、次回は、野菜を短時間煮たフライパンに、別のフライパンで焼いた肉を投入する方法を試してみよう。肉と野菜で割り下の濃さを変えるのも良いかも。

 

にほんブログ村 50代の生き方