池にカエルと金魚と白メダカ

そんなんでもいいんだよ教の信者です。ゲロゲロ。

ムーミンバレーパークに行って来た


スポンサードリンク

奥さんの誕生日に、アニバーサリー休暇をとって、平日のメッツァビレッジとムーミンバレーパークに行ってきました。

f:id:momijiteruyama:20210516214913j:plain

無料のメッツァビレッジと、有料のムーミンバレーパーク。
ムーミンバレーパークはそこそこいいお値段しますね。

 

f:id:momijiteruyama:20210516214918j:plain

エントランスロード。ここを抜けると、北欧風の世界が広がります。
なんとなく「明治神宮の参道みたいだな」と思いました。

 

f:id:momijiteruyama:20210516214923j:plain

メッツァのメインの建物。中には北欧雑貨屋さんなどが。

 

f:id:momijiteruyama:20210516214927j:plain

メッツァでくつろぐならここでしょうか。湖の目の前です。

 

f:id:momijiteruyama:20210516214934j:plain

湖のアウトレット側(下側)。元は溜池でしょうが、相当大きいです。

 

f:id:momijiteruyama:20210516214757j:plain

湖のインレット側(上側)。この先にムーミンバレーパークが広がります。
チラッと建物が見えますね。

メッツァビレッジだけ見るつもりでしたが、せっかくだし、お誕生日だしと、ムーミンバレーパークにも入ってみることにしました。

ちなみに、メッツァビレッジだけでも、雰囲気はいいし、カヌーなどもあるし(有料)、楽しめると思います。特に近くに住んでる方なんかはいいでしょうねぇ。平日は駐車場も無料でしたし。

 

さて、ムーミンバレーパークに向かいます。

f:id:momijiteruyama:20210516214801j:plain

ムーミンバレーパークの入り口。メッツァビレッジから相当歩きます。

ムーミントロールとミー

入り口にはムーミントロールとミー

ムーミンはともかく、ミーなんだぁ・・・、ノンノンじゃないのね」と思った人は、昭和のムーミンを見てた世代だそうです。今はムーミンは「ムーミントロール」だし、ノンノンは「スノークのおじょうさん」だそうです。なんじゃそりゃ。笑

www.moomin.co.jp

www.moomin.co.jp

 

どうも昭和世代の我々が見たムーミンは、かなり日本アレンジがしてあるものらしく、原作者に「これは私のムーミンじゃない」とまで言われたとか。「ねぇムーミン、こっち向いて」世代はどうしたらいいの?って感じです。最初からやり直しの刑。

 

f:id:momijiteruyama:20210516214806j:plain

ここでニョロニョロポンチョを貰いました。

ある時間までに入場すると貰えるようです。知らなかったけど、もらえてラッキーでした。大事に持って帰ってきましたが、ニョロニョロの絵が描いてあるポンチョなんて、どこで着たらいいのかしら?

 

f:id:momijiteruyama:20210516214811j:plain

メインのムーミン屋敷です。リアルサイズなせいか、小さいのです。
なので、一組ずつ入れ替わりで見る感じ。

ムーミン屋敷の周りには、おそらく北欧の植物が植えられてるのではないでしょうか?
見たことのない可愛い花がありました。(もしかすると、自分が知らないだけかも)

f:id:momijiteruyama:20210516214835j:plain

ねこじゃらしよりもっとホワホワの草とか・・・

f:id:momijiteruyama:20210516214839j:plain

こんな模様の葉と白い花の植物とか

 

アトラクション的なものもポツポツあるにはありますが、ディズニーランドやディズニーシーのイメージで行くと、拍子抜けすると思います。そういうテーマパークとは違う味付けをしてある模様。原作者さん意向や、ムーミンの世界観を大事にしたのかなぁ・・・という印象でした。

 

f:id:momijiteruyama:20210516214823j:plain

展示施設コケムスでは、原作者トーベヤンソンさんの世界観を垣間見れます。
ちなみに、ムーミンって膝ぐらいの大きさだそうです。(ちっちぇー)

 

f:id:momijiteruyama:20210516214831j:plain

お昼ご飯もムーミンバレーパークの中で。
いかにもテーマパーク内のランチって感じですが、そこそこ美味しかった。

と、テーマパークとしてはこんな感じなわけですが、ここの良さは人工的に作られたものではなく、元々の奥武蔵の自然じゃないかと思いました。深い森と湖でできた自然がまずあり、そこを少しテーマパーク風にしている そんな場所という印象でした。

なのでこの場所を楽しむには、自然そのものの景色や、植物や鳥達を感じるのがいい気がしました。

宮沢湖湖畔のもみじ

湖畔には大きな針葉樹(種類わからず)とともに、もみじがたくさんありました。

 

花のような赤い翼果

対岸にももみじ。赤い翼果が花のようです。

ここではどの木も、葉より上に翼果が出てました。なんでだろう?

 

湖の水面と翼果をつけたもみじ

湖の水面と翼果をつけたもみじ。いい季節に来たのかも。

 

季節的に、アジサイも咲いてました。(アジサイで合ってます?)

 

こっちは、青みがかった色合い。

ホントに自然豊かなので、そういう趣旨の公園に行ったみたいでもありました。ちょっと残念なのは、木の名前などがわからないこと。湖畔に一番多くドーンと並んで立ってる針葉樹の名前が知りたくて、スタッフの方にもお聞きしたのですが、結局判らずでした。デカい木だから、Googleレンズでも判別できずで・・・

メッツァビレッジ&ムーミンバレーパークの植物&鳥ガイドブック みたいなものを作ってくれたら、もっと楽しめるのにと思いました。

 

ちなみにこの湖は、元ヘラブナ管理釣り場宮沢湖で、大鯉でも有名なところ。池や湖に行くと、魚のつきそうなところを凝視してしまう夫婦なので(奥さんも釣り好きなのです)、いろんなところから湖の水中に目を凝らしてしまいました。

魚影はあまり見えなかったのですが、1匹だけ大物を見ました。50cmクラスのランカーバス。もう何年も誰も釣りしてないわけだから、やったらスゲー釣れるんだろうなぁ・・・

 

まとめ

  • アトラクションに課題に期待せず、自然とムーミンの世界観を楽しみに行くなら、とてもいい場所でした。ちょっとお値段高めですが・・・
  • ムーミンの世界観をちゃんと勉強してから行った方が、絶対楽しめると思います。「ねぇムーミン、こっち向いて」じゃダメです。
  • 歩きます。覚悟しておきましょう。
  • 近くにコストコがあります。帰りに寄りましょう。

 

自分もこれを機に、ちゃんとしたムーミン作品を見てみようかと思ってます。

というのも、「ムーミンパパが自暴自棄になってしまい、ムーミンママは寂しくなって、昔を思いなが絵を描く」というエピソードが紹介されてまして、それがとても気になってしまい、続きを知りたいのです。

そのエピソードだけでも、やっぱり昭和のムーミンとはだいぶ違う感じですね。

youtu.be

 


にほんブログ村


シニアライフランキング