池にカエルと金魚と白メダカ

なんでも自分で試してみよう!

お気に入りのペン エナージェル インフリー 0.7mm


スポンサードリンク

お気に入りのペンを紹介します。

 

特別文房具好きというわけではありませんが、書き味の良いペンは好きです。いろいろ試して、お気に入りのペンを探してきました。

結果、今は文句なしのお気に入りペンに出会えています。

f:id:momijiteruyama:20210712182121j:plain

一番左がお気に入りのペン「ぺんてる エナージェル インフリー 0.7mm」
右の3本は、以前のお気に入り。

エナージェルシリーズは、ぺんてるさんのゲルインキボールペンです。とっても”ぬらぬら”した書き味が特徴。インクの出がとても良く、軽く滑らかに書けます。

太さは自分の場合、0.7mm一択です。0.7mmと0.5mmとではペン先の形も違い、0.5mmはエナージェルらしさというか、ぬらぬら度合いがイマイチになります。0.7使っちゃうと戻れません。

 

自分の場合、用途がアイディアスケッチ用なので、基本殴り書きです。メモ買いたり、アイディアを絵にしたり・・・、だから細かく書ける必要は全くありません。

また、ペンをかなり寝かせて書くタイプなので、普通のボールペンは全くダメです。引っかかっちゃうのです。

そのため、以前のお気に入り3本(写真の右3本)も、寝かせても書きやすいペン先の、比較的太目のラインナップでした。

 

一番右が、ぺんてるのプラスチック万年筆のジョルジオプラマン。

柔らかい書き味と、万年筆らしいインクの出方がお気に入りではありましたが、少々インクが飛びやすく。自分が普段使うコピー用紙とは、相性がイマイチなのかもしれません。

 

右から2番目が、湯島天神の絵馬ペン。

湯島天神で絵馬を買うと、絵馬に書くようについて来るペンですが、これがたいへん書きやすく。セーラーが作っている水性サインペンで、湯島天神以外では売ってません。一時はこれをたくさん買って、こればかり使ってました。小さい文字は書きやすいのですが、大きい文字や絵はちょっと苦手。

 

右から3番目が、ぺんてるのサインペン。

超定番品ですね。大きい文字を書く、おおざっぱな絵を描く には最適です。ぺんてるらしいなめらかな書き味も好き。ですが、普段使いには、さすがにちょっと太すぎます。

 

というように、一長一短ある3本を使い分けてた時期が長かったのですが、エナージェルに出会ってからはこれ一本になりました。すべてにおいて具合がいいのです。

 

実際、エナージェルファンは多いようです。

色は、万年筆っぽいブルーブラックが人気なようですが、自分は普通のブルーが好きです。実は、エナージェルインフリーという、この透明ボディモデルには「ブルー」はありません。他のモデルの替え芯を、インフリーのボディに入れて使っています。

ブルーの色はこんな感じ。

f:id:momijiteruyama:20210712182126j:plain

字が下手過ぎて、色合いが目に入らないとか思ってません?

 

ぺんてるエナージェルインフリー」のボディに、「エナージェル0.7mmブルーの替え芯」。自分は当分、この組み合わせを使い続けることになりそうです。

 

そうそう、インクの減りは結構早いので、替え芯の常備は必須です。

あと、暮らしていくには、油性ペンも必要です。左から2本目がそれ。テープに日付書いて貼る時に使います。こいつには書き味なんて全く関係茄子。

 

 

 


にほんブログ村


シニアライフランキング