もみじの備忘録 -池にカエルと金魚と白メダカ-

人生終盤に入ったけど、北関東南縁でキラキラした日々を過ごしたい!

もじもじしない令和ムーミン


スポンサードリンク

最近の自分興味は、すっかりハンドボールチーム(三重バイオレットアイリス)に行ってますが、その次に興味があるのが「ムーミン」です。

昨日も、Eテレで放送された『ムーミン谷のなかまたち』の第19話「飛行おにの帽子」を見ました。令和になってから放送されている、3Dのムーミンです。

f:id:momijiteruyama:20220205204445j:plain

                         ©Moomin Characters™ ©Gutsy Animations 2019

 

しかし、まだ令和ムーミンになれていないので、昭和ムーミン世代としては戸惑う事ばかりです。

番組のオープニングでも、「ねぇムーミン♪」で始まりそうな気がしてしまいますし、ノンノン(昭和ムーミンでの呼称)は、フローレン(平成ムーミンでの呼称)でもなく、「スノークのお嬢様」ですし。

今日の放送でも、ムーミンがノンノンに向かって「スノークおじょうさま~!」って叫ぶシーンがあり、違和感ありまくりでした。原語では「ミススノーク~!」「マドモアゼルスノーク~!」「フロイラインスノーク~!」なんて感じなんでしょうけど、お嬢様って・・・。

 

そして、今日の戸惑いのピークは、ムーミンがノンノンとのデータの別れ際に、エスキモーキスをしたことです。

f:id:momijiteruyama:20220206072447j:plain

えっ、まじ!?

最初は「うわー、キスしちゃってる!?」と思いましたが、令和ムーミンの口の位置はかなり横の頬っぺたあたりですから、キスではなく鼻をこすり合わせるエスキモーキスだと思われます。確かフィンランドはやるはずですよね?

キスじゃなく、エスキモーキスだとしても、昭和ムーミン世代としては、「ムーミンは恥ずかしがり屋だからそんなことはできずに、もじもじしてたはずなのに・・・」と思ってしまいます。

自分のイメージは、「ノンノンにほっぺち「チュッ」ってされて、みるみる赤くなっていくムーミン」なので、びっくらこきました。

ここ何十年かの間に、すっかり「おねんね」じゃなくなっていたようです。

 

 

最近のアレコレ

今週の金曜日も、仕事を早めに終わらせ遊びに行きました。兄ザルもいたので、おニューのゴルフクラブを打ってみようかと、ゴルフ練習場に。

『まんぼう』ですが、金曜とはいえ平日、それも寒い冬の夜なので、おそらく空いてるから大丈夫だろうと考えました。実際ガラガラで、2Fは貸し切りでした。

 

兄ザルも、ボチボチ打てました。小学生の頃に少し打たせてたので、多少は感覚がある模様。何度か練習すれば、そこそこ打てるようになりそうです。20代前半のうちに、スイングをある程度作っておけるといいと思っています。

おニューのクラブは軽くて使いやすかったです。良かった良かった。めったに右打ちしない自分が打っても、簡単に飛んでビックリしました。そりゃぁ、パーシモンやメタルの時代とは違いますよね。

 

 

それに比べ、自分のクラブは・・・

PING EYE2

もはやクラシッククラブ。シャフトはウッドもスチール(DG-S300)、老体にはキツイ。

 


にほんブログ村


シニアライフランキング