もみじの備忘録 -池にカエルと金魚と白メダカ-

人生終盤に入ったけど、北関東南縁でキラキラした日々を過ごしたい!

【ノンアル図鑑】01.アサヒビアリー ★★★★★


スポンサードリンク

ノンアル図鑑

下戸です。ほとんど飲めません。

ビールを小さいコップに1杯飲んだら、全身真っ赤です。2杯飲んだら、ひっくり返ります。

でも、最近はノンアル・微アルが増えました。ビールだけでなく、スパークリングワインもあります。これらなら自分も飲めますし、飲んでるうちに旨いと思うようになってきました。

まだまだノンアル初心者ですが、飲んだノンアル(含む微アル)を紹介していきたいと思います。

 

 

アサヒビアリー 【★★★★★ ご褒美ノンアルビール!】

アサヒビアリー

 

トップバッターは「アサヒビアリー」です。これだけは譲れません。

自分をノンアル(含む微アル)の世界に目覚めさせてくれたのがビアリーだからです。

おぉ、1年前ではありませんか。そうかぁ、1年たちましたか・・・

 

さて、ビアリーですが、たいへん美味しいです。

自分と弟ザルだけでなく、ビール嫌いの兄ザルまでもが旨いと言ったのは驚きました。

文句なしに「★★★★★(星五つ)」です。

 

脱アルコール製法で、アルコールは0.5%。

やや苦みが強く、いかにもビールって感じの味、安っすいノンアルビールとは格の違いを感じます。泡も細かく、のど越しもよく、まさにノンアル版プレミアムビールです。

その分、お値段も高いです。ガリガリ君2本以上します。

 

この値段に対し一時期「ビアリーは酒税がかかるから高い」という噂が流れましたがそれはガセ。プレミアムビール同様のいい材料を使っているから高いそうです。

 

やはりアサヒビールさんとしても、低価格帯でヴェリタスブロイ等の海外産脱アルコール製法ビールと競うのは避けたのでしょう。

自分も、普段は低価格のノンアルビールを飲み、何か特別な日だけビアリーを飲むようにしていますが、その期待に十分応えてくれる美味しさです。

日本製のハイクオリティ製品に満足できるのって、とても嬉しいです!!
(そういえば、日本製のプレミアムアイスクリームはまだ購入できてませんが・・・)

 

自分的には、500mlがあるってのも嬉しい。

ウチではたいてい2人(自分と弟ザル)で飲むので、350mlだと少ないのです。でも2本空けるのもねぇ・・・ってなると、500mlが調度良いのです。

 

当面、もみじ家のノンアル筆頭の座はビアリーでしょう。

今後も、常時ストックしておくつもりです。

 

www.asahibeer.co.jp

 


にほんブログ村


シニアライフランキング