もみじの備忘録 -池にカエルと金魚と白メダカ-

人生終盤に入ったけど、北関東南縁でキラキラした日々を過ごしたい!

もう少し若いうちに、やっとくべきだったこと


スポンサードリンク

今日は「もう少し若いうちに、やっとくべきだった・・・」と後悔したお話しです。

 

 

左利きへの興味

自分が左利きに興味を持ったのは、中学生のころ。

バレー部でしたが、左利きの大谷先輩とか、左効きの同級生の伊達君とか、なんか打ち方が違うが気になったのがきっかけです。

何で左利きは、スパイクも、サーブも、オーバーハンドで打てず、スリークォーター気味になるんだろう? って。

 

野球はカープファンで、当時は川口、大野の全盛期。特に川口は投げた後に左足が右に出る、日本人には珍しいフォームでした。

ここでもやっぱり「サウスポーってなんか投げ方違くね?」と思いました。

 

そんな興味が膨んだせいか、ゴルフやボウリングはレフティでやることになりました。

 

 

左利きの研究

ゴルフをレフティでやり始めた30年前ごろには、左利きに関する書籍なども良く読みました。

が、その後30年で、利き手に関する研究もかなり進んだようで、最近また左利き関係の情報を調べると、知らなかったことが沢山出てきました。

こりぁまた、勉強してみなくては。といっても、今は手っ取り早く動画ですが。

 

いくつか見てみると、「左利き遺伝子があり、劣勢遺伝子で増えづらいから左利きが少ない」という仮説があるようです。

やっぱり遺伝子が関係してるのかぁ・・・、母方の祖父が左利きです。

 

また、左効き遺伝子だと、つむじも90%以上が左巻きだそうです。

つむじ!

自分はホントは左利き遺伝子だけど、右に矯正された疑惑があります。

祖父・父が習字の先生でしたから、そりゃ右で持たせるでしょう。

ちなみに自分、3歳まで言葉が出ず、両親はたいそう心配したそうです。

もし自分が左利き遺伝子ならば、言葉が出ないのも矯正の影響なのかもしれません。

 

よし、つむじを確認だ!

 

 

オーマイガッ!、つむじどこ?

 

もう少し若いうちに、確認しておくべきでした。

 

 

最近のアレコレ

まだまだ続くタケノコ責め。

とはいえ、最近はさすがに毎日ではないので、もう「責め」って感じではありません。

淡竹と真竹

淡竹(左:無地)と真竹(右:ヒョウ柄)

農産直売所にも、とうとう真竹が出てきました。そろそろ淡竹はお終いです。

来週末帰省するので、淡竹を持って行きたいけれど、もうないかも。

真竹はおそらく食べません。

淡竹が終わったら、ウチのタケノコシーズンは終焉です。

 

淡竹を買った帰り道、初めてマックカフェに寄ってみました。

マックカフェのチョコレートタルト

自分はチョコレートタルト、奥さんは紅茶のシフォンケーキとマカロン

悪くはないけど、特別美味しくもなし。

ケーキは390円也。そこまで美味しくはありません。250円クラスかな?

この料金出すなら、ちゃんとしたケーキ屋さんのほうがいいと思いました。

 


にほんブログ村


シニアライフランキング