もみじの備忘録 -池にカエルと金魚と白メダカ-

人生終盤に入ったけど、北関東南縁でキラキラした日々を過ごしたい!

応援するスポーツチームを見つけた3


スポンサードリンク

応援するスポーツチームのお話しです。

 

JHL(日本ハンドボールリーグ)開幕

この週末、JHLが開幕しました。

前シーズンが3月に終了し、4~6月は試合がない寂しい時期を過ごしてきましたが、やっと開幕です。

やはり、週末に試合があるのはいいです。とても楽しみです。

 

「なぜハンドボール?」かというと、高校時代にやってたからです。

でも、18歳から55歳まで、ハンドボールをすることも見ることも全くなく、今年の1月に急に見るようになりました。

たまたまYouTubeで見た女子ハンドボールチームの動画が素敵で、お気に入りのチームができたからです。

momijiteruyama.com

 

YouTubeで見た女子ハンドボールチームの動画が素敵で・・・」ってあたりが、今風でしょ?(←おっさん、ちょっと無理をしました)

 

 

応援するスポーツチームがある生活

そんな経緯なので、まだファン歴は4カ月目です。

が、応援するスポーツチームがある生活って、なかなかいいものだと感じます。

週末前には、「今週の試合はいつだろう?」となります。

対戦相手はどこか?、リアタイで見るか後から動画で見るか? とかを考えたり。

 

地元のチームを応援するなら、ホームゲームは試合会場に行ったりする楽しみもあるはずですが、自分が応援するのは三重のチーム。ちょっと会場には行けません。

アウェイの試合も含め、女子の試合は全て西日本で、関東では試合が全くありません。

こはちょっと、残念ですが、そのチームを好きになってしまったので仕方なし。

いつか、ホーム(三重)にも行きたいとは思っています。

 

 

SNS時代のスポーツチーム

マイナーなスポーツの、それも遠い地域のチームに魅かれたのには、SNSを駆使したチームの情報発信があります。

「今時のスポーツチームって、こうなのかぁ・・・」って感じで、ビックリしました。

 

日本ハンドボールリーグのネット配信とは別に、チームからYouTubetwitterInstagramなどを通じた発信があります。

選手個人からもtwitterInstagramの発信が盛んにあります。

更には、練習後の選手の様子をインスタライブで見れたり、試合後にはtwitterでファンがMVPを選出したりも。

そんな情報発信があるからこそ、遠い地域のチームや選手達を身近に感じることができ、楽しめています。

 

youtu.be

 

ちなみに、今は実業団チームとクラブチームの混在したリーグ戦が行われているハンドボールですが、2024年にはプロリーグ化される模様。

野球、サッカー、バスケットに続く、第4のプロスポーツを目指すってことかな?

 

 

最近のアレコレ

久しぶりに、スケボーを少しイジりました。

ライザーパットという、デッキ(板)とトラック(金具)の間に入れるかさ上げする部品を、確度が付いたものに変更してみたのです。

ライザーパッド
アンクルライザー
ライザーパッドを、左のフラットなものから、右の角度あるものに変更

これをすると、ポンピング(蹴らずにクネクネ進むこと)が進み易くなります。

実際、少し効果有った気がします。

 

交換作業は、公園の木陰で。

もちろんチビ姫も一緒です。チビ姫、木陰から一歩たりとも出ませんでした。

ミニチュアダックス

チビ姫、暑くてベロが出ちゃうの図

 


にほんブログ村


シニアライフランキング