もみじの備忘録 -池にカエルと金魚と白メダカ-

人生終盤に入ったけど、北関東南縁でキラキラした日々を過ごしたい!

10日間飲んだ「新シオノギBE錠プラス」、疲労回復効果が絶大だった


スポンサードリンク

今日は、夏バテ対策のお話しです。

 

夏バテでビタミン剤に頼ることになった経緯

7月後半に夏バテを感じて、対策を取る事にしました。

詳細は以前の記事に書いてますが、サマるとこんな感じ。

  • 筋トレし、断食&ダイエットもしてる。体重も5kg以上減った。
  • 更に、朝夕は釣りしてるし、夜は暑くて眠れない。そりゃ疲れるでしょ。
  • アミノ酸、カフェインに続き、ビタミン剤を投入だ!
  • 「ビタミンB1誘導体」というのが効くらしいので、買ってきた。


ビタミンB1誘導体というのも、製薬会社毎に異なる原料で開発しているらしく、一番有名なのがアリナミンAの「フルスルチアミン」。

でも、自分はセキ薬品の薬剤師さんに勧められ「セトチアミン」というビタミンB1誘導体を購入しました。

セトチアミンを含むビタミン剤の製品名は、新「シオノギBE錠プラス」です。

これは、ドラッグストアでしか買えない商品みたいです。

お値段は、48錠で1,380円。2~3錠/日なので、約20日分くらいでしょうか。

pb.nidrug.co.jp

 

 

絶大な威力だった「ビタミンB1誘導体」

これを8月初に飲み始め、10日が経ちました。

効果はすぐに現れました。2日目には、すっかり元気が出てきました。

ただ、その時点では「プラシーボかも?」という気もしまおりました。

が、1週間経過し、やっぱりこれは「ビタミンB1誘導体」が効いてるなと感じました。だって、力がみなぎって来る感じがするのです。

スゲーなこれ。

 

7月の夏バテモードの自分とは、全然変わりました。

朝釣りして、日中何度も筋トレして、仕事もして、夕方釣り行って、また夜にも筋トレして・・・

7月の夏バテモードの時は、その夜の筋トレが辛かった。でも今は、もっとできそうです。実際、ついついもう1セット追加でやっちゃうくらい。

 

なんだよ、こんなに効くなら、もっと早く飲めば良かった。

 

 

オーバーワークで肉体が悲鳴をあげる

てな感じて、調子こいて頑張っていたら、肉体(筋肉)のほうが悲鳴をあげました。

ビタミンB1誘導体が効くのは身体の芯的なところであり、筋肉に効くわけではないようです。

気持ちは全然元気なので、ついつい筋トレがオーバーワークになり、肩に疲労が溜まり、痛みも生じてしまいました。

懸垂やっても、身体がなかなか上がりません。

仕方なく、1セットだけしかやらない休憩日を作り、アミノバイタル投入し、筋肉を回復させました。

 

それだけ、「ビタミンB1誘導体」が効くってことです。恐るべし!

 

 

サプリで補い体力をつけよう!

今も元気いっぱいです。肉体(肩の筋肉)の疲労も回復しました。

オーバーワークにならないよう、筋トレもセーブしています。

 

やはりトレーニングは、「ある程度負荷をかける」とか「ある程度無理をする」とかしないと、十分な効果が出ません。

でもこの年齢になると、それもちょっと辛いと感じてしまいます。が、やらないとどんどん体力低下していってしまいそうです。

そこで、その「ちょっと辛い」というハードルを取り除くために「サプリ」。

レーニングを後押しするのに、サプリは効果的なんだなと、今回改めて感じました。

 

肉体向けのサプリは「アミノバイタル」、身体の芯とかやる気向けのサプリは「ビタミンB1誘導体」。

このセットで、しばらくやってみようと思います。

 

といっても、残りはあと20錠。あと10日分かぁ・・・

どうしましょ、リピート購入するかどうか?

安くはないんですよね・・・、高くもないんだけど。

 

 

最近のアレコレ

今年は、ヌマガエルが6月頃に1匹もいなくなってしまいました。

恐らく食べられてしまったんだろうと思います。シマヘビかハクビシンか。

 

ヌマガエルの住処はオタマトープですが、オタマトープの水深が浅いため、十分隠れたり逃げたりができなかったのかもしれません。

池は水深がありますが、そちらには体の大きいトウキョウダルマガエル達がいるので、ヌマガエルは池には入れないのです。

来年は、ちょっと考えなくては・・・

 

でも、夏になってからは、今年生まれのヌマガエル達が、ウチの庭に来てくれました。

今は、庭を歩くと、一歩ごとにヌマガエルが跳びます。15匹くらいはいそうです。

ヌマガエル

チビヌマガエル達、4匹います。
無事冬まで生き延びてくれよ!

 

毎年、不思議と数が少ないのがアマガエル。常に2~3匹です。

アマガエルは水より樹や灯りの周りが好き、この子はデッキに住みつきました。

アマガエル

アマガエル。ヌマガエルと違い、人が来てもあまり逃げません。
一番撮影しやすいカエルです。

 

隣接する田んぼがなくなってから3年が経ちました。田んぼが宅地化され、家が建ってから2年。

もうウチの庭には、カエルは来てくれないんじゃないかと思ってましたが、そんなことはありませんでした。

田んぼまで約100メートル離れてしまいましたが、それでもウチまで来てくれます。

ただ、100メートル先の田んぼも、いつまであるか・・・

 

来年は、カエル達にとってもっと住みやすくなるよう、環境を整えようと思います。

 


にほんブログ村


シニアライフランキング