もみじの備忘録 -池にカエルと金魚と白メダカ-

人生終盤に入ったけど、北関東南縁でキラキラした日々を過ごしたい!

厚切り和牛ステーキを弱火で焼いてみた


スポンサードリンク

今日は「弱火調理」のお話しです。

 

ふるさと納税、厚切り和牛ステーキ!

今年のふるさと納税は、少額を毎月寄付する作戦でやっています。

主に海産物、サザエ、ホタテ、ホンビノス貝、牡蠣、アユ・・・ときて、もう頼みたいものがなくなってしまい・・・

 

その時にたまたま目についたのがコチラ。

熊本県八代市 ふるさと納税
九州産 黒毛和牛 1ポンドステーキ 約500g 国産 塊肉 !! 寄付10,000円

※今はもう受け付けてないようで、リンクが張れませんでした。

 

自分は和牛はあまり・・・ですが、奥さんが「コレよ、絶対コレだわ!」と。

 

ならば、以前和牛を焼くのに失敗したコレ↓

のリベンジで、今回こそは上手に焼いて見せようぞ! となりました。

 

前回は1cmくらいの薄い和牛ステーキだったので、弱火調理向きではなかった模様。

でも今回は違います。1ポンドですから3cm超の厚みがあります。

真空パックで届いた厚切り和牛、厚さ3cmオーバー!

パックから出すとこんな感じ。

くーっ!、これぞ弱火調理向きでしょ!

今までいろんな肉で弱火調理してきた経験を、ここ活かさずいつ活かす!!

 

 

厚切り和牛ステーキを弱火で焼いてみた

焼く手順はいつも通りですが、久しぶりですっかり忘れてたので、自分のブログ記事を読み直してからとりかかりました。

2分×6回、そうだそうでした。そして最後に強火で焦げ目(メイラード)。

 

では、焼きます。

厚切り和牛ステーキを弱火で焼いてみた
厚切り和牛ステーキを弱火で焼いてみた
左:0~2分 右:2分~4分

 

厚切り和牛ステーキを弱火で焼いてみた
厚切り和牛ステーキを弱火で焼いてみた
左:4分~6分 右:6分~8分

 

厚切り和牛ステーキを弱火で焼いてみた
左:8分~10分 右:匂いに釣られて近寄ってきた人

 

厚切り和牛ステーキを弱火で焼いてみた
厚切り和牛ステーキを弱火で焼いてみた
左:10分~12分、ここで塩胡椒
右:別のフライパンで最後の仕上げ(テフロンなので強火にできず中火)

 

厚切り和牛ステーキを弱火で焼いてみた

完成です! ん-、まぁまぁかな。

なお、最後の中火の仕上げ前に、一旦かなり休ませました。肉汁が出ないようにです。

焦げ目が十分じゃないのは、テフロンだから仕方なし。

3cm超だから、2分半×6でも良かったかもしれませんね。

 

 

いざ、実食!

もちろん、1人1枚これがあるわけがなく、家族4人で分け合いました。

これだけじゃ少ないので、USビーフも別途1枚焼き、食べ比べました。

 

奥さんは「柔らかい!」と大喜び。

外食ではヒレしか食わない兄ザルは「旨いけど、ちょっと脂っこ過ぎじゃね」と。

弟ザルは「どっちが和牛?」と言い出す始末、馬鹿かお前は(笑)

 

焼いた本人の感想はこんな感じ。

  • これはローストビーフだな。やっぱりステーキならもっと焦がしたい。
  • やっぱり自分は赤身が好き。脂っこ過ぎ。(兄ザルと同意見)
  • 和牛はしゃぶしゃぶに限る・・・かも。

 

次は、グラスフェッドビーフだ!

 

 

 

最近のアレコレ

出勤・通勤が再開されたらと、リモワの日がとても貴重に感じます。

特に夕方。陽が落ちるのが早いので、夕日もリモワの日にしか見れません。

荒川本流と夕日。

荒川本流と夕日。

この写真の日の日没時刻は、17:22でした。

日没はこれから更に早くなり、12月の一番早い頃には16:28だそうです。

 

そりゃぁ、冬は寒いわけだ。

 


にほんブログ村


シニアライフランキング