いつも心にボウリング


スポンサードリンク

腕を ビュン! と振れない

相変わらずボウリングはやってません。

やってるのは、シャドーピッチングくらいで
2週に1回くらいバッティングセンターでスピード計測してますが
なかなか85km/hを超えられず、足踏み状態が続いてます。

未だ左だとシャドーでも、腕を ビュン! と振れません。
そりゃ、スピード出るわけねーずら。

ピッチングフォームは、本読んだり動画見たしして勉強してるんですけどね
100km/hの人が120km/h投げるようになるレベルの情報はあっても
70km/h台の人が90km/h投げられるようになるレベルの
基本中の基本というか、『そもそも投げるってこういうことだよ』みたいな情報はなくて・・・

『90km/hが投げられるようになるまで、ボウリングは封印』
実はそんな気持ちでもおりまして
このままだと一生ボウリングできない気が・・・


重い右上半身を引く

が、今週ついに、シャドーで腕がビュン!と振れるようになった気が。
重い右上半身を、積極的に後ろに引くようにしてみたのです。

・身体は左右対象ではなく、肝臓のある右半身のほうが重い 
・その分、身体の中心は左寄りにある

だから

・右投げは長い半径で押し出すように回る、
・左投げは短い半径でくるりと回る

みたいなことは、
[bowling:278]左重心で運動能力は劇的に上がる
この本のおかげで知識としてはあったのですが
実際に自分ではやれてなかった。

この本は、
・右股関節は後方向へ引っ張る力(ブレーキ)が得意
・左股関節は前方向への推進力(アクセル)が得意
ということを前提に、右投げ左投げの違いを解説してるのですが

少なくとも40代になってから右投げに挑戦した僕の右股関節は
「後方向へ引っ張る力(ブレーキ)が得意」なんてことは全くなく

更に股関節以前に、左回り(左投げ)だと
「ただ上半身を回転させる」ってことすらそもそもスムーズにできないわけで

意識的に
「重い右上半身を、積極的に後ろに引く」ような意識が必要だったようです。


ピッチングの左肘の位置

そして、重い右上半身を積極的に引き、短い半径でくるりと回れるようになったら
左腕を大きく背中側に引く必要がないことに気づきました。

胸板の延長線上というよりも更に前
イメージ的は左胸の斜め前に肘があるくらいのイメージの浅いテイクバックのほうが
くるりと回りやすいし、上腕もうまくしなる気がします。

あぁ!、これって、7年前にって書いてたことじゃね?
手を胴体に対する良いポジションに置き続けるか

とうとう、いろんなことがつながったのか!


妄想

みたいなことを考えてた週末ですが
実際に投げてないので、正解かどうかはわかりません。

これで70km/h台しか出なかったら、ただの妄想。
まぁ、よくあることです。

でも、今回のは正解だと思うんだけどなぁ・・・
(って、考えてる時はいつもそうなんですけどね)


いつも心にボウリング

そして、オーバースロー(ピッチング)で右上半身を積極的に引く感じがわかったら
ボウリングのフォームでも、右上半身を積極的に引くシャドーを自然にやってました。

全然投げてなくっても、僕の心の中には、いつもボウリングがあるようです。

そもそも、ピッチングで90km/hが投げれても、何の役にもたちませんからね。
ピッチングで90km/hは、ボウリングのスピードアップのためのワンステップです。
ボウリングを再開するのはまだまだ先になりそうですが
(でも、ホントにボウリング再開するんかなぁ(笑)