ミニマリスト改めヴァリアンティスト


スポンサードリンク

ミニマリストという言葉にインスパイアーされ、ちょっと思うところがあり
最近モヤモヤ考えていることを書き出してみることにしました。

モヤモヤなので、どこの向かうのかもわかりませんし
テーマも上手く表現できないのですが
今考えてるモヤモヤを強引に言葉にしてみたのが
「ヴァリアンティズム」

ヴァリアントといっても、valiant(勇敢な) じゃなくvariant(異なる、変異体、多様な)です。


辞書にはあまり書いてありませんが
variantという言葉には、万能性というニュアンスがあります。

ソフトウェアの世界でバリアント型といえば
いろんな型のデータを格納できる汎用的なデータ型のことです。

さらにvariantという言葉には
専門的な道具を汎用化させたというニュアンスがあります。

フライフィッシングの世界でバリアントフライと言えば
いろんな虫に見える万能フライのことです。

例えば、アキアカネ(赤とんぼ)のフライを汎用化し
いろんなトンボに見えるような色にしたらトンボバリアント みたいな感じです。
んー、例がちょっとわかりづらいですね、まぁいいや(笑)


というわけで、今日から僕はヴァリアンティズムの確立を目指します。
そして、世界で最初のヴァリアンティストになるぞ!

にほんブログ村