頚椎症性神経根症 闘病記(10+11週目) 普通の日常に


スポンサードリンク

発症から8週目ころから劇的に回復し、
9週目には、痛みも右手の不自由さもほとんど感じなくなってました。

ちょっと信じらえない感じですね。
そして、なんともありがたいことです。


痛み止めも貼らなくなり、右手でできないこともなくなると、
ほぼ以前の普通の日常に戻りました。

そして、日々闘病記を書く習慣も自然になくなりました。

なので、今回は10週目と11週目の2週間分をまとめて書きます。


「治ったのなら、闘病記は終わりでいいんじゃないの?」

そう思われるかもしれませんが、治ってはいないのです。
未だ、右手人差し指は24時間しびれっぱなしですから。

そして、このしびれだけは
10週目、11週目の2週間の間にも全く良くならないのです。


もっとも、2月初めからずっとしびれっぱなしですから、
しびれてたって、もうほとんど気になりません。

しびれてる=指先の感覚が鈍い なので、
お札を数えるとか、薬を塗るとか、そういう細かい作業はダメですが、
それ以外はもう普通に使えるので、困ることもほとんどありません。

なので、「しびれ」は気にしないことにしようと思ってます。
簡単にはなくなりそうもないので、そうするしかないし。


そして、気にしないと決めたなら、
そろそろ運動を再開してみようかと思っています。

ピッチングとか、ボウリングは左投げなので、右がしびれてたって大丈夫ですし、
ランニングとか筋トレとかは、指はほとんど関係ないし、

いつまでも病人の気持ちのままでいるのは止めて、動き出してみようかと。


とはいえ、3カ月近く全く運動してませんから、少しずつ体を慣らしていかないとです。
運動できる身体に戻ったことに感謝しつつ、ゆっくり楽しんで運動してみようと思います。

にほんブログ村 頚椎症