頚椎症性神経根症 闘病記(14カ月目) ビタミンB12断ち


スポンサードリンク

発症から14ヶ月が過ぎました。

10ヶ月目あたりに人差し指のしびれもほとんどなくなってからは、
日常生活で気になる症状はなくなっています。

が、人差し指の感覚は鈍いままですし、
腕を上げて寝ようとすると右肩に鈍い痛みが出るなど、
全快という感じではありません。

でも、特別困ることもないし、悪化する感じも全くないので、
現状に感謝するべきなのでしょう。

冬になったら、また悪化するかも という心配がありましたが大丈夫でした。
良かった、良かった。


そんな状況なので、今年に入ってからは、
8ヶ月目から飲んでいるビタミンB12を、飲み忘れる日が増えてきました。

以前は、飲まないとしびれが強くなったので、忘れることはなかったのです。
家にも、職場にも置いておき、朝昼晩必ず飲んでましたから。

丸一日飲まないと、翌日はちょっとだけしびれる感じが出たりして、
「あー、そういえば昨日のんでねーな」とあわてて飲んだり。


そして、更に飲み忘れることが増えてきて、
たまたまビタミンB12錠剤も残り数日分になった2月末ごろ、
「このまま飲まないと、またしびれるようになるのかしら?」という、素朴な疑問が生じてしまい。

ならばと、3月はビタミンB12断ちをしてみることにしました。


今は3月末なので、1ヶ月間飲まずに過ごしたわけですが、その結果はというと・・・
「ちょっとしびれが出るけど、それ以上は悪化しない」 というものでした。
なーんだ、飲まなくても大丈夫じゃねーかよ。


でも、完治全快に向かうプロセスを中長期的に考えると、
ビタミンB12は継続摂取したほうが良い気もします。

んー、どうなんだろう?


とりあえず4月いっぱいは飲まずに過ごしてみて、5月から再開してみようかな?

にほんブログ村 頚椎症