もみじの備忘録 -池にカエルと金魚と白メダカ-

人生終盤に入ったけど、北関東南縁でキラキラした日々を過ごしたい!

どうして女性は花が好きなんだろう?


スポンサードリンク

どうして女性は花が好きなんだろう?

バラ園に連行されるのは毎年のことなので、覚悟はできています。

ぼたん園に連れていかれるよりは、まだいいです。なんでだろう?

 

毎年行くバラ園は、少々遠いのですが、まぁドライブも苦ではなし。

毎年、駐車場が混むので、開園の9:00前に着くよう、8:00に出発しました。

 

それにしても、どうして女性はこうも花が好きなんでしょうねぇ?

困ったもんです(笑)

滝の入ローズガーデン
滝の入ローズガーデン
向かった先は滝ノ入ローズガーデン。埼玉県西部の毛呂山町にあります。
ゲロヤマじゃありません。モロヤマです。


やはり女性は「美しいものが好き」っていうことなんでしょうか?

確かに、花に限らず、宝石やらお洋服やら、「美しいものが好き」な気がします。

 

ピンクのバラ
黄色のバラ
バラの花にはまだ朝露が。

 

もう少しアカデミックな視点でも、女性には花が好きな理由があるようです。

まず「嗅覚」。男性にくらべて女性のほうが鋭いらしく。

そういえばウチの奥さん花を前にすると、見るだけでなく必ず香りを嗅ぎます。

よく自分も「嗅いでみて」と言われますが、自分にはおトイレの芳香剤の香りにしか・・・、すんません。

 

「視覚」的には、網膜細胞の構造が、男性は「動きに反応するM細胞が多い」のに対し、女性は「質感や色に反応するP細胞が多い」なんて話もあるそうです。

 

左:自分はM細胞でクマバチでも見てますか。
右:一緒にクマバチを見た少年。そりゃ飽きちゃうよね(笑)

 

「空間認識」の仕方にも違いがあるらしく、男性は「目の前にあるモノ単体よりも景色全体見る」傾向があるのに対し、女性は「目の前にあるモノ単体を見る」傾向があるそうです。

あー、これはそうかも。

女性のほうは解りようがありませんが、男性の「景色全体を見る」は解る気がします。

そういう意味では、このローズガーデンは周りの景色や環境が良いのです。

だからこの場所は、自分もけっこう好きなのです。

 

街中に作られた、薔薇しかないようなローズガーデンだったら、もっと気が重いだろうなぁ・・・

 

 

なんて思っていたら、「寄居にも行くわよ」と奥さん。

あらら、薔薇園をはしごするそうです。それも、埼玉県縦断コース。

花園フォレストです。ふー(笑)

 

薔薇です。そりゃそうです(笑)

 

さすがに、これでバラ園は終わりでした。「次は伊奈」って言われなくて良かった。

が、次は隣接している農産直売所の園芸コーナーでした。こちらも小一時間。

 

ふー。

女性って、なんで花が好きなんでしょうねぇ・・・

 

 

最近のアレコレ

実は、寄居では、自分もやりたいことがありました。

世界チャンピオンが、寄居が「関東地方で最高の川」と言うもんで・・・

youtu.be

 

この方、何の世界チャンピオンかと言うと、「水切り」です。

世界的にも有名な方らしく、Stone Skimming International Association(国際水切り協会?)のサイトでも、沢山紹介されています。

youtu.be

 

たまたまTwitterで目にし、ちょっとやりとりさせていただいたので、自分も水切りを練習することにしました。

自分はほぼ毎日川に行ってるし、ボウリングのトレーニングにもなりそうなので。

 

というわけで、寄居の荒川で水切りデビューしてきました。

寄居の荒川。普段行く近所の荒川よりかなり上流です。

素人なら「10回いけば上手い部類」とのことらしいのですが、自分は「2回」でした。チョン、チョン、ポチャン。

以前は、数回はできたはずですが、それは右投げでのお話し。

今はもう、右は投げれませんから、非利き手の左で投げるしかなく。それもアンダースローですから、なかなな難しいのです。

 

これは、やりがいがありそうです。目標は10回だ!

 


にほんブログ村


シニアライフランキング