アルミホイル製折り紙式ウッドガスストーブ4号で遊ぶ


スポンサードリンク

小さい火

「小さい火もなかなか悪くないですよ」
焚き火でカレーを作るという先輩からのコメントにそう返しました。

そうなんです、小さい火もなかなか悪くないのですよ。
自分でそうコメント書いたことで、再確認させられました。

5号(←溶けちゃったけど)や6号のような枝が燃やせる大きなストーブじゃなく
3号や4号のような小さいなストーブで、楊枝や割り箸燃やすのも楽しいのですよ。
かわいいしね、ほら。

(みかんと3号と4号)

それに、小さいから家の庭でできるし。
今日は昼間用事があり近所のキャンプ場へ行けなかったので、夜に庭で小さい火遊びです。


ありがとう3号

3号は20mm×40mmで楊枝用、割り箸は荷が重いです。
今日は楊枝のみでやってみましたが、一次燃焼が安定しませんでした。
楊枝を詰め込みすぎたかな?

3号はかわいいのですが、やはり小さすぎなようです。
燃料が楊枝というのも今一つ。
割り箸より火がつきづらいのに早く燃えつきてしまいますし
ガスもあまり出ない気がします。

なので3号は引退です。
1号~3号でやった楊枝火遊びは、僕に火遊びの楽しさを思い出させてくれました。
ありがとう3号。


二次燃焼美

4号は30mm×60mm、割り箸にちょうど良いサイズです。
割り箸は2~3cmくらいに折って詰めます。
焚き付けも割り箸、こっちは5cmくらい。
一次燃焼を早く安定させるには、焚き付けも割り箸が一番。
割り箸ならターボライターなしでも全然大丈夫です。


今日は二次燃焼がはっきり

定番の丸い二次燃焼ラインも美しいですが、平行な二次燃焼ラインも悪くないと思います。
いやぁ、今日は二次燃焼がキレイに見えるぞ、うれしいぞ。
そして今日はなんだか、炎もデカいな。


崩壊

割り箸なので、短時間(5分程?)で燃えつきます。
炎が出なくなったら、火遊びももうほとんどおしまいです。
あとは残った熾を燃やしつくして片づけるだけ。

熾を早くもやしつくしてしまおうと、息を吹きかけた時
それは起きました、崩壊です。

4号のロストル部(熾が溜まる底)が溶け、下の釜飯の蓋に熾が落下し
釜飯の蓋がパリンと割れました。
4号は倒れ、熾があたりに散らばりました。


崩壊後の惨状

やっぱり、アルミホイルは溶けちゃいました。
小さい4号でも溶けちゃうかぁ・・・てんめいさんの言う通りだ。


折り紙式はダメなのかなぁ?
アルミホイルの簡易バーベキューグリルやダンボールの簡易燻製器みたいに
使い捨て用にするしかないのかなぁ?
でも、使い捨てと割り切るには、作るのめんどくさいしなぁ。

ロストル部にだけステンレスの網入れたらどうだろう?
それともいっそ、0.1mm厚のステンレスで折り紙してみるか?
でも、そうなると100均缶でつくったほうが、安いし楽だし・・・(うだうだ)


えーい、とりあえずまた4号サイズをアルミホイルで作ってみよっと。
溶けない工夫はなんかしら要る、そこが知恵の絞りどころ。
がんばって考えてみよっと。

にほんブログ村 キャンプ