バチルス菌でゾウリムシ


スポンサードリンク

フル稼働

金曜日にAmazonで買い、土曜日に届いたヨーグルトメーカーがこちら



土曜日にはヨーグルトを作り(35℃・8時間)
日曜日にはローストポークを作り(65℃・2時間)
月曜日の12:00~火曜日の12:00 えひめAI-2を作り(35℃・24時間)
今日(火曜日)の12:00から、R1ヨーグルト作ってます(43℃・10時間)

作るものが3種類ある(ヨーグルト、えひめAI、低温調理)し
それぞれ長時間かかることから、ほぼフル稼働状態です


出来ばえは?

出来ばえはというと・・・

ヨーグルトは普通のヨーグルトがちゃんとできましたが、まぁそれだけと言えばそれだけ
特別おいしいということはありませんが、普通においしい

ローストポークはオーブンで作るものとは全然違いました
オーブンで作るのも旨いけど、低温調理のも旨い
次は鶏むね肉、その次は牛肉でやってみよう


えひめAI

さて、本題のえひめAIですが、これも今日出来上がりまして
想定する用途は以下3つ

 1) ゾウリムシの培養に使う
   菌ですからね、殖えるんじゃないかと期待

 2) ミジンコ容器のモヤモヤ対策
   ミジンコにイーストを使うと、底にモヤモヤが溜まりますが
   このモヤモヤだけを上手く取り除く術を知りません、水替えしてもダメ
   なので、このモヤモヤをえひめAIの菌がなくしてくれることを期待
   まぁ、そう上手くはいかんと思いますが

 3) 池の水の浄化
   これを忘れちゃいけません、ヨーグルトメーカーを買ったのもこのためですから
   水質浄化は枯草菌(納豆菌)によるものらしいのですが、バチルス菌と呼んだほうが強そうだし、秘密兵器っぽい


準備完了!



右から、えひめAI培養液のゾウリムシペットボトル
その次が、イースト培養ゾウリムシにえひめAIを足しいれたもの
さてこの2本、殖えてくれるでしょうか?

次のペットボトルは、えひめAIを入れるために熱湯消毒したら
変形してしまったセブンイレブンの炭酸ペットボトル、炭酸用は熱に弱い模様

左端のペットボトルがえひめAI
この後、上澄みを濾して5倍に希釈し、2リットルペットボトルに入れました

それを明日から池に投入予定、効いてくれるといいな

にほんブログ村 ビオトープ