ミドちゃんvsキンちゃん エサを巡る仁義なき戦い


スポンサードリンク

トウキョウダルマガエルの性格

カエルにも性格があるようで、ミドちゃんは物怖じせず気が強く、人間も怖がらず寄ってきてくれますが、他のカエルにもしじゅうちょっかいを出してます

といっても、ヌマガエル軍団に対しては、軽く突っついたり、「どけどけっ」とばかりにグルグル鳴くくらいですし、ヌマガエル軍団もそのくらいじゃ怯まないので、じゃれ合ってるような感じでもあります

一方キンちゃんは、おっとりタイプで大人しく、ヌマガエル軍団にも干渉しません

なので、ミドちゃんがいなくてキンちゃんだけの日の餌やり場はこんな平和な感じ

トウキョウダルマガエル1匹とヌマガエル2匹

これは前日、仲良く餌待ちする3匹

 

荒くれ者 ミドちゃん

しかし、ミドちゃんがいる日は、そうはいきません

この写真では、一見4匹仲良く餌待ちしているようにも見えますが

餌待ちするトウキョウダルマガエル2匹とヌマガエル2匹

これが今日の餌待ち、ミドちゃんキンちゃん(TDG)とヌマガエル2匹

 

キンちゃんに餌を取られると思ったのか、ミドちゃんがいきなりキンちゃんに跳びかかります

まさかのミドちゃん、フライングボディーアタック!

TDGのジャンプは、距離も正確さもなかなかのもの、このくらいの距離ならピンポイントで攻撃可能です

 

しかし、キンちゃんも慣れたもので、ミドちゃんの攻撃をかわし反撃に出ます

ギリギリでかわし、バックに回ろうとするキンちゃん’

なんてダイナミックな序盤の攻防!

普段は痩せてる印象のキンちゃんも、やっぱり腹は丸々としてますね

サムハンキンポー的な感じ?

 

婚姻溜とリリースコール

この2匹の攻防は、基本的にバックの取り合いです

バックを取ろうとするキンちゃん

取らせまいと逃げるミドちゃん

がっちり決めたミドちゃん、バックを取ってポイント2点先取!

カエルのオスの手の親指には、メスにしっかり抱きつくための婚姻溜と呼ばれるコブがあります

それを使ってガッチリホールドされてしまうと、体の大きいミドちゃんでも簡単には逃げられません

体が大きいメスを、腕が回らなくてもホールドできるようにするのが婚姻溜ですから

 

そして、抱き着かれたミドちゃんは、お約束の・・・

トウキョウダルマガエルのリリースコール

ミドちゃん、たまらずほっぺた膨らませてリリースコール!

リリースコールとは、オスのカエルがメスと間違われて、他のオスに抱き着かれた時に発する鳴き声

メスは鳴かないから、鳴くことでオスだと知らせるわけです、「おい、なにやってんだテメー、勘違いしてんじゃねーよ」って感じかな?

 

まぁ、この2匹は勘違いじゃなく、いつもこうしてじゃれあってるのですが、本能には逆らえないようで、バックととられると鳴いてしまうようです

なんとか逃げようとするミドちゃん、離さないキンちゃん

場外乱闘に発展、その隙にちゃっかり餌をもらおうと集まるヌマガエル軍団

 

ミドちゃんの得意技、フロントスープレックス

しかし、ここで予想外の急展開がっ!

しかしここでミドちゃん、まさかのフロントスープレックスで形成大逆転

ミドちゃんの得意技、フロントスープレックスが炸裂!

たまらず避難するヌマガエル2匹、でもなぜか逃げないヌマガエルは背中線(はいちゅうせん)のあるハイちゃん、もしかしてレフェリー役を買って出てる?

 

ミドちゃん、スープレックスで奪ったテイクダウンからマウントを狙うようです

マウントを取りに行くミドちゃん、足がは跨げるのか

跨いだ!、キンちゃん絶体絶命のピンチ!

フォール、フォール!、ミドちゃんの勝利!

足も絡めての片エビ固め風にフォールしたミドちゃん、パワーだけでなくなかなかのテクニシャンでした

キンちゃんもたまらず、右手でタップ

レフェリー約のハイちゃんは、この状況で微動だにせず、どうした?、もしや石に化けてるつもり?

 

激しい戦いに、キンちゃんは大丈夫なんだろうかと心配になりましたが、なんてことはなく

まぁ、いつものことですし

 

そして、戦い終われば仲良しの2匹に戻ります

戦い終わり、お互いの健闘を称えあう2匹

 

そうこうしているうちに、餌は全部ヌマガエル軍団が食べてしまいましたとさ

     
にほんブログ村 ビオトープ