陽当たりによる水温差にびっくり


スポンサードリンク

水温計があると水温が気になる

今まで水温は、盛夏に「湯だってないかな」「今日は簾かけたほうがいいかな」ってのが気になる時くらいしか確認してませんでした

が最近、各容器に水温計を常設しました

そしたら、さすがに水温を見るようになり(というか、イヤでも目に入りますからね)、一日見ると翌日も水温が気になるようになり、すっかり毎日水温を確認するようになりました

 

そういえば、釣りの時にも水温測ってたっけ

お仕事で「定量化しなさい!」なんて始終言われる(自分も言う)もんだから、プライベートで数値を管理することになんとなく抵抗があったのですが、釣りの水温測定にしろ、ボウリングの点数にしろ、懸垂の回数にしろ、やっぱり数字にして把握するというのは、楽しいことでもあるようです

ってことは、定量化・数値化が悪いんじゃなく、仕事が嫌いなだけ ってこと(笑)

 

水温差にびっくり

昨日の朝は水温13℃、プラ舟だけ少し低くて11℃

メダカはあまり動きません、様子をみながら、少しだけ餌をなりました

金魚は水温低くても元気で餌くれダンス全開、ドバドバ餌あげました(大丈夫か?)

 

お昼休みの餌やり時に、15℃超えてるかな? と水温計を見てみると・・・

ダルマメダカ用のNVボックス#13

ダルマメダカ用のNVボックスの水温は・・・

スドー 浮かべる水温計

20℃を超えてます、そんなに上がるのかぁ・・・

 

チビ金魚用の睡蓮鉢の水温も・・・

スドー 浮かべる水温計

やっぱり20℃を超えてます、23℃も!

 

プラ舟にホテイアオイとメダカ

一方、プラ舟の水温は・・・

スドー 浮かべる水温計

14℃しかありません、そんなに違うのか!

21℃、23℃、14℃、ですから、10℃近くも差がついてしまっています

こんなに差があるとは、思いもしませんでした

そういえば、プラ舟のメダカだけは早くから沈み気味でした

沈み気味な理由は金魚と一緒だっただけでなく、水温が低かったせいもあったのかぁ・・・

 

なんでそんなに違うのか?

それにしても、なんでそんなに水温が違うんだろう?

 

NVボックスは浅く水量が少ないから、すぐに水温が上がるのでしょう

比較的水量のある睡蓮鉢が一番水温が高いのは、容器自体が保温性が良く温度が下がらないことと、上が開いた形状から日差しを受け止めやすいことがありそうです

 

そして問題のプラ舟は「日が当たらないから水温が上がらない」ってことでしょう

朝顔がびっしり茂って、日差しを遮ってしまっているのです

南と西の日差しを遮るアサガオ、もう花も終わってます

改めてみると、ホントに日が当たってません、そりゃぁ水温が上がらねーわけだ!

 

というわけで、早速アサガオを刈りました

日差しに照らされる池とプラ舟

アサガオを刈って、池と同じように日差しが入るようになったプラ舟

これで、水温が上がってくれるといいなぁ

といっても、浅いプラ舟はそろそろ撤収し、睡蓮鉢で冬越しさせる予定ではありますが

 

それにしても、池や容器の水に日が差しこんでる様子はいいですね

日差しは季節によって違いがある気がしますが、今はまさに「秋の日差し」って感じ

周りの景色がそう感じさせるのか、ホントに光の質が違うのか、どっちなんだろう?

空の色とか、空気とかも、季節によって違いがある気がするので、周りの景色の違いだけじゃない気がします

今度調べてみよっと

     
にほんブログ村 ビオトープ