犬との暮らし 散歩


スポンサードリンク

犬と一緒に暮らしています。

ミニチュアダックスフンドの女の子11歳、通称「チビ姫」。

ミニチュアダックス

もうおばあさん犬です。わがままですが、とても可愛い。ホントにものすごくわがままですが。

一昨年まではミックス犬も飼ってました。こちらも女の子、通称「姫」。「The 雑種」「赤犬」という感じの見た目で、柴犬より一回り大きく賢い子でした。


9年間2匹と暮らし、姫が一昨年に亡くなり、今はチビ姫と暮らしています。

 

ウチでは、およそ教科書的な犬の飼い方はしてません。

姫が迷い犬で、ウチに住み着き自然に暮らし始めたせいか、飼ってる意識が低く。
それがいいと思ってるのではなく、自然にそうなってしまいました。

教科書的な犬の飼い方すれば良かったと思うこともありますが、時既に遅し。ウチらしい、犬との暮らしのひとコマをご紹介します。(ここまで定型文です)

 

散歩

チビ姫。可愛い顔して、全く言うことを聞きません。家族以外には容赦なく噛みつくので、散歩中も常にリードは短くキープしてます。

散歩してると、小さいお子さんが、「可愛い!」と駆け寄ってくることがあります。自分が「この犬吠えるよぉー!」と叫ぶのと同時に、チビ姫が吠えます。

小さいお子さん、たいてい固まってしまいますね。ごめんね、トラウマにならないといいけど。

よその犬なんて見た日には、そりゃもう吠えまくりです。すれ違う際などは、「すいません、バカ犬で」と謝まりまくるのが常。

中型犬の姫と暮らしてたので、大きめの犬でも全く怖がらず、突っかかっていきます。でも、さすがにゴールデンとかシェパードは怖いらしく、見かけるなり引き返します。大きさもですが、野太い声が怖いようです。

散歩は大好きで、家に居る時には、常に散歩に行くのかどうかを気にしてます。誰かが着替えようものなら、「散歩?、散歩ですか?、散歩でしょ!」とばかりに、注目しています。まさにリーチ状態。

リードを持つと散歩確定。すると、トイレ(トイレシート)に行きおしっこします。外でおしっこしないタイプです。大は外でするんですけどね。なんでだろ?

散歩では、犬のペースで犬の好きなコースを自由に歩かせる派ですが、チビ姫は必ず同じコースを歩きます。姫はいろんなコースを歩きたがったのに。チビ姫の特徴です。アスペルガー的な気質なのかもしれません。って、犬にもあるのかな?

ミミズやカエルの死骸などを嗅ぎ付けると、身体をこすりつけたがるのが困りもの。先に見つけリードを引いて防げればいいのですが、油断してるとゴロンゴロン背中をなすり付けてます。それはもう嬉しそうに!、あれは何なんでしょうねぇ・・・

 

 

姫が元気なころは、2匹と1人、散歩(walk)じゃなくずっと走ってました。が、姫が走れなくなってからは歩きです。チビ姫も今やシニア犬なので、歩きもかなりゆっくりになりました。

歩きたいだけ歩かせてやりたいと思ってますが、とっても時間がかかります。カエル見ながら歩ける季節ならいいんですけどね。冬は寒くて大変です。

足短いから苦手な段差。でも頑張る!

散歩が終わり、家に帰ったチビ姫は、ダッシュで奥さんに帰宅報告しに行きます。子供達が家に帰ると、チビ姫は玄関に行き大喜びで迎えますが、同じ様にして欲しいらしく。ひとしきり褒められると、チビ姫は満足します。寒い中、散歩に連れてってる僕のほうが褒めて欲しいぞ。

褒められ満足したチビ姫、次に欲しいのはご飯です。お皿を叩きます。出てくるまでバシバシ叩きます。犬のお皿なので安定性が良い形状ですが、ひっくり返るほど叩きます。チビ姫にとって、散歩とご飯はセットのようです。

「ウー、ウォンウォン!(ごはん!、早く!)」


散歩、また明日も行こうね!

 

にほんブログ村 50代の生き方