池にカエルと金魚と白メダカ

なんでも自分で試してみよう!

住んでるところに合った暮らしをしていると


スポンサードリンク

今住んでる場所(北関東南縁)は、夏は暑くて冬は寒いところです。

実家(南関東南縁)が海風の影響で、夏涼しくて冬暖かいのと正反対。なんでこんなトコに住んでるんだろう? と思ったこともあります。が、案外メリハリ効いてていいもんですよ。エアコンない時代ならともかく、今は対処もできますからね。

 

もし、好きなところに住んでいいよと言われたら、やっぱり北関東を選びそうです。

たまに実家に帰ると、とにかく土地がないし、道が狭い。半島地形だからしょうがないのでしょうが、利根川と荒川に挟まれた真っ平らな土地に住み慣れてしまうとねぇ・・・。特に、お店の駐車場の広さが全然違います。

f:id:momijiteruyama:20210704130026j:plain

そりゃぁ、駐車場だって広くなるわけだ

人工密度が少なめなエリアであれば、山もあり、川もあり、海もあり みたいな土地はいいなと思いますし、憧れます。例えば、福島のいわきとか、伊豆の松崎とか。

でも、そういうところには、ラウンドワンさまがありません。ボウリングを再開してしまった今となっては、それはとっても困ります。近くにラウンドワンさまがあることは、住む場所の絶対条件です。普通のボウリング場ではダメです。ラウンドワンさまでないとダメ。

 

というように、自分はすっかり北関東体質になってしまっているようです。

「住んでるところに合った暮らしをしていると、住んでるところを好きになる」って感じでしょうか。

消極的な感じもしますが、それはそれでありな気もします。

 

あっ、そうだ。田んぼがないところ、カエルがいないところも無理です。これ一番大事でした。

 

今週のお題「住みたい場所」

 


にほんブログ村


シニアライフランキング