もみじの備忘録 -池にカエルと金魚と白メダカ-

人生終盤に入ったけど、北関東南縁でキラキラした日々を過ごしたい!

2022年の庭池遊び始動!


スポンサードリンク

3月にやること

3月にやることを考えました。まだ2月も数日ありますが、2月中はまだ寒いしね。

イマイチやる気になっておらず、すぐにはできなそうだから3月に先延ばし。でもこのままだとズルズルやらなくなりそうなので、書いときます。「えっ、ダイエット?、明日からよ本気出すのは」的な感じでしょうか。

 

1.睡蓮植え替え

今年も来ましたこの季節、春の恒例行事と言ったら睡蓮の植替えです。

ウチの庭に3株、近所の義母のところに4株、南関東の実家に1株、これらを全て植え替えます。

去年は3月末~5月にかけてやりました。が、早くやれば早く花が咲くので、今年は3月中に全て終わらせたい。まだ寒くて水も冷たいけれど、頑張って3月中にやるぞ!

 

 

2.オタマトープ作り

去年始めてみたオタマトープ。庭の土に深さ20cm弱のプラ容器を埋めて作る簡易プチ池です。これを今年は、3つに増やすつもり。

 

名前の通り、カエルに産卵してもらい、オタマジャクシに育ってもらうためのプチ池ですが、去年は産卵を確認できずでした。でも、カエル(特にヌマガエル)にはとても人気があり、大勢がここに入っていたので、今年は数を増やそうと考えました。

 

ウチの庭で池に入るカエルは、「トウキョウダルマガエル」と「ヌマガエル」です。

「アマガエル」は基本的に草や木の上に居て、池には入りません。だから、他のカエルに食われちゃうことはありません。

が、チビトウキョウダルマガエルやチビヌマガエルは、生息域が重なるので、大人のカエルに食べられちゃいます。カエルは水中の生き物は食べないので、オタマのうちは大丈夫ですが、水から出て地上で動くとパクリと食われてしまうのです。だから、生息エリアをなるべく広くバッティングしないようにし、多くの子が秋まで生き残れるようにしたいのです。

あと、草むしりの手間を省けるというのもあります。池にしてしまえば、当然雑草は生えませんから。

 

 

3.その他もろもろ

それ以外にも、細かい仕事はいろいろあります。

  • 池のホテイアオイの入れ替え(古い苗を捨て、新しいホテイアオイを入れる)
  • 金魚の産卵 & メダカの屋外飼育に備え睡蓮鉢をリセット(睡蓮鉢増やす?)
  • 鳥の餌台を片付ける

3月中に終わるよう、頑張ってちゃっちゃとやりましょう!

 

 

最近のアレコレ

ノンアルコールスパークリングワイン第3弾です。期待のシャメイ!

シャメイ
シャメイ
シャメイ、これは脱アルコールワインではなさそうです。

しかし、裏のラベルには「ホワイトグレープジュース」の表記。これ、ノンアルワイン系じゃなく、シャンメリーみたいなジュース系なの?

実際飲んでみると、お子様でも大満足しそうな甘さで、まさにジュース。ただ、果汁100%で甘さも足してないようなので、よく味わえば確かに「これがグレープの甘さ?」って感じもします。

が、とにかく甘過ぎ。特にこの日は、料理がジンギスカンだったので、全く合いません。

甘い食前酒が好きな奥さんは、とても気に入ってました。でも、彼女だけなら、飲めるんだからノンアルじゃなくてもいいのです。甘いスパークリングと言えばASTI、彼女専用に、ASTIのハーフを買っておこうかな・・・

 

というわけで、とりあえずテケトーに3本試した範囲内では、「ピーエル・ゼロ ブラン・ド・ブラン」の圧勝となりました。もう何種類か、試してみたいと思います。

 

 

 

チビ姫(ミニチュアダックス)

陽ざしはすっかり春らしくなりましたね。でも風が冷たい!


にほんブログ村


シニアライフランキング