もみじの備忘録 -池にカエルと金魚と白メダカ-

人生終盤に入ったけど、北関東南縁でキラキラした日々を過ごしたい!

心理的安全性を高める行動


スポンサードリンク

心理的安全性を高める行動

勤務先は3月末が本決算、そろそろ年度末になります。

ちょうど一年前ごろ、職場のメンバーに、コロナによるコミュニケーション減が原因の問題が少し発生し始めたため、来年度は対策をしようとなりました。

自分も対策担当になり、流行りの1on1を導入しました。1on1というのは、部下のために上司が時間を取り、部下主導でお話しする場(面談?)のことです。

 

1on1は、コミュニケーション増には役立ち、そこそこ好評でした。が、しょせん「場」でしかないため、そこで行われるコミュニケーションが部下にとって良質なものでなければ、かえって悪影響になる可能性もあります。上司次第というわけです。

で、やはり、一部のチームでは少々問題が生じました。

さすがにそういう問題になると、私の出番ではなく部門長に任せました。すると部門長は「心理的安全性を高める行動をしよう」と言い出しました。Google社の取組みを参考にされたそうです。

f:id:momijiteruyama:20220225175753j:plain

心理的安全性が低い職場。これじゃぁねぇ・・・

心理的安全性」というキーワードも、なかなか効果的でした。上司側にとっても、意識がしやすかったようです。

これらによって、全ての問題が解決したわけではありませんが、組織としてはある程度良いコンディションを保てているようです。

良かった良かった。

 

 

心配性なスズメ達

ウチの庭には、スズメ、キジバトヒヨドリが来ます。

この中で、圧倒的に心配性なのがスズメ。ちょっとカーテンが揺れただけで、全員隣の家の屋根まで飛んでいってしまいます。残ったキジバトヒヨドリは「何?」「なんかあったの?」って感じで見渡しつつも、餌を食べ続けてるのに。

 

そんなスズメが安心して餌を食べれるよう、今年は餌台を広くしました。地面だとチビ姫や猫の心配があるだろうから、ある程度高さをとっています。

f:id:momijiteruyama:20211202193518j:plain

今年の餌台。これは12月に作ったばかりの写真です。
広くしたのに、3羽も来たらどうしようもありません(笑)

 

この写真のように、キジバトヒヨドリが来ていると、スズメはなかなか餌台に降りません。全く降りないわけではなく、1羽降りればみんな降りるのですが、それまでみんなでモジモジし合っています。

最近、キジバトもヒヨも居なくても、スズメがモジモジしていることに気づきました。まぁ、程なく1羽が降り、その後はみんな降りるのですが、どうも餌台に降りることを警戒しているようです。

 

これってもしや、自分が「心理的安全性を高める行動」をしたほうがいいんじゃね?

 

というわけで、こうしてみました。

鳥の餌台(バードフィーダー)

餌台の高さを、倍くらいにしてみました。
モジモジするのは向こう側のフェンスの上、ソコとの高低差を減らしてみました。


フェンスと餌台が近くなり、スズメ達はその間を頻繁に行き来するようになりました。フェンスに居ると安心なようで、結果的に以前より落ち着いて餌を食べてる気がします。

良かった良かった。もっと早く気づいてあげれば良かったよ。

 

ホントは、あと30cmくらい高く、フェンスと同じくらいの高さにしてあげるといいのでしょうね。来年はそうできるよう、ちゃんと馬を作ってみようかな。

 


にほんブログ村


シニアライフランキング