もみじの備忘録 -池にカエルと金魚と白メダカ-

人生終盤に入ったけど、北関東南縁でキラキラした日々を過ごしたい!

子供が成人した夫婦、相手をどう呼ぶ?


スポンサードリンク

「あなたは私のお父さんじゃぁない!」

半年ほど前、ウチの奥さんが急にこう言い出しました。

「そりゃぁそうだけど、ムーミンパパだって、バカボンのパパだってそう呼ばれてるんだからいいんじゃね?」と言ってみたものの、彼女の決意は硬く。

急にどうしたんだろう?、きっかけも想像つきません。

そして、「もみじさん」と呼ばれることになりました。

 

でも確かに、子供が成人してからは、「兄ザル君のお父さん!」「弟ザル君のお母さん!」なんて呼ばれることはなくなっています。

もしかすると、ムーミンパパやバカボンのパパも、子供が成人したら違う呼び名になるのかもしれません。

 

そして呼ばれる本人にとっても、「もみじさん」は悪くない。

すぐに慣れましたし、特に支障はありません。

 

時々「もみちゃん」と呼んでくることもあり、そういう時は要警戒。

下心がある時です。「もみちゃん、今日は夕飯外食にしようよ!」みたいな(笑)

 

ただ、子供が絡むと「お父さん」に戻ります。

「定期買うならお父さんに出してもらってね」みたいな感じ。

これは問題ないらしい。子供のお父さんなんだから、そりゃそうか。

 

というのが、ここ半年続いてました。

 

 

「私はあなたのお母さんじゃぁない!」

そして最近、こうも言いだしました。

「そりゃぁそうだけど、ムーミンママだって、バカボンのママだってそう呼ばれてるんだからいいんじゃね?」と言ってみたものの、彼女の決意は硬く。

今回も、何きっかけなのか全く想像つきません。

そして、「かえでさん」と呼ばされることになりました。

 

これは、なかなか慣れません。

間違えると怒られます。「しまった」と思い、言い直します。

なるべく間違えないように意識する毎日。

 

しかし、自分が間違えないように意識しだしてみると、彼女も結構間違えてます。

けっこう「お父さん」と呼んでるのです。

自分が怒る番です。彼女も「しまった」と思うらしく、言い直します。

 

というのが、ここ1週間続き、だいぶ慣れてきました。

 

さて、ここで問題はチビ姫。

チビ姫は、「お肉はお父さんからもらってね」とか、「お母さんに足洗ってもらってね」というのは理解できます。

が、これが「お肉はもみじさんからもらってね」とか、「かえでさんに足洗ってもらってね」となったら、解らないようで、きょとん。

 

どうでしょう?、チビ姫は理解するようになるでしょうか?

もう少し様子を見ようと思います。

 

なにやってんだか(笑)

 

 

最近のアレコレ

自作池の睡蓮が咲きました。

一昨日(5/10(火))に咲いたようですが、その日は都内に出勤してたので、開いた様子は見れず、開花2日目の昨日に初めて見ました。

睡蓮は開花しても、夕方になると閉じてしまうので。

自作池の睡蓮

朝9:00ごろの開きかけの睡蓮

 

自作池の睡蓮とスズメバチ

午後15:00ごろの睡蓮。2日目なので良く開いてます。

後ろにある蕾も、そろそろ咲きそうです。

もしかすると、今日にはツイン開花が見れるかもしれません。

 

それより右下。スズメバチ

池に水を飲みにきたようです。

君が水飲むだけならいいけど、友達たくさん連れてこないでね。

 


にほんブログ村


シニアライフランキング