もみじの備忘録 -池にカエルと金魚と白メダカ-

人生終盤に入ったけど、北関東南縁でキラキラした日々を過ごしたい!

何使ってます?、夏の虫刺され対策


スポンサードリンク

今日は、夏の虫刺され対策に、何を使っているかというお話しです。

 

屋内の蚊対策

まずは屋内の蚊対策。

昔は蚊取線香、その後はベープ等のマットだったと思いますが、今は「シュッ」っていうのが主流でしょうか。

ワンプッシュで24時間とか、お手軽過ぎます。

 

ウチでも、寝室などは「シュッ」です。

「シュッ」については、製品は何でも良し。安く手に入る製品を買ってます。

 

が、リビングではこれが使えません。

メダカやよっちゃん(ヨシノボリ)やオオミジンコがいますから。これが水槽に入ったら即全滅になってしまいます。

そこで、リビングでは「キンチョーリキッド」を使っています。

蚊取線香でもいいのですが、奥さんが匂いを嫌がるので。

 

キンチョーリキッドってなかなか売ってませんが、べたついたりせず、匂いもなく、いい製品だと思います。

油性に比べると、若干効きが弱い感じはありますが、それもほんの少しです。

こればっかり使うと言う人もけっこういるようですよ。

youtu.be

 

 

屋外の蚊対策

上記のように屋内の対策は万全なので、家の中で蚊に刺されることはまずありません。

刺されるのは庭です。自分が庭に出る理由が、カエル・金魚・メダカなので、そりゃぁ蚊も居るわけです。

 

家の中にいるのはアカイエカなので、刺されてもたいしたことはありませんが、庭で刺してくるのはヒトスジシマカ(ヤブ蚊)なので、とっても痒い。

なので、この季節はもう、蚊取線香を持って庭に出ます。

ぐるぐる渦巻ではなく、5cmくらいに折った蚊取線香を2本、前後両方に着火し4カ所から煙を出させて使っています。

ステンレスクリップの蚊遣り。

蚊遣りはステンレスのクリップ。
短時間の利用なら、とても機能的です。

 

蚊取線香は、台所のガスコンロで着火するのが一番早いのですが、奥さんが匂いを嫌がるので、庭に出てから着火します。

着火に手間取ってると刺されるので、強力な火力が必要で、これを使っています。

ターボライターの強力版。

 

 

 

 

刺されてしまったら

これ持って出ても、刺される時は刺されます。

刺された時にはキンカン! ていうのが一昨年までの定番でした。

キンカンは手軽にさっと塗れるし、虫よけにもなるのが気に入ってたのです。

 

が、去年からはもっぱらコレになりました。

使用感はキンカン同様で、キンカンよりコスパが良く、容器も軽く扱いやすいので。

 

 

ムヒアルファEXのクリームも常備していますが、あまり出番はありません。

液体ムヒSでほとんど済んでしまいます。

昨シーズンは、4本程使いました。今年も4本配備済みです。

 

 

最近のアレコレ

昨日の関東は、暑い陽射しとゲリラ豪雨のミックスでした。

都内は昼頃に、北関東では夕方近くにゲリラ豪雨。それ以外の時間は晴れ。

昼休みにチビ姫と公園に行った時は、いい天気で夏のような暑さでした。

お昼の公園。いい天気。

 

ミニチュアダックス

暑かった。チビ姫も思わず横ベロ。
でも真夏になればこんなもんじゃないはず。暑さもベロも。

 


にほんブログ村


シニアライフランキング 


今週のお題「夏物出し」