もみじの備忘録 -池にカエルと金魚と白メダカ-

人生終盤に入ったけど、北関東南縁でキラキラした日々を過ごしたい!

お祝いもんじゃ


スポンサードリンク

またまたお祝い会食に行ったお話しです。

 

祝合格!

弟ザルが、大学院試験に合格しました。あー、良かった。

 

というわけで、お祝いの会食に行ってきました。

弟ザルに希望を聞けばおそらく「もんじゃ」と言うだろうな、安上がりで済みそうだと思っていたら、やっぱり「もんじゃ」でした。よしよし(笑)

もんじゃ&お好み焼き屋さんでお祝いです。

 

おそらく大学入試などよりも、ずっと合格率の高い試験だろうと思います。

普通は落ちないもの?、一緒に受けた仲間たちも全員合格だったようなので。

が、「落ちたら就活」というかなり背水の陣的な状況でもあり、本人のビビり度合いはかなりのものでした。

 

親としては、3連敗にならなくて良かったというのが、正直な気持ち。

弟ザルは、高校受験で第一志望に落ち、大学受験も同様だったので、ここで成功体験をして欲しかったのです。

今回は、本人も相当頑張ってましたが、そういう経験があったからこそなのかもしれません。

いずれにしても、良かった!

もんじゃ、作るのは本人。腕組みして待つ奥さんはすでに酔ってます。

 

大学院

自分は、大学院って全くイメージがわきません。

自分がチャラチャラした大学の文系で、4年間テニスばっかりしてたので(バブルでしたし)。

 

でも、理系は大学院に行く比率がかなり高いようですし、実際一緒に仕事してる同僚にも大学院卒がかなりいます。

彼らと仕事をしてると、「やっぱり大学院行った奴は違うな」と思うこともしばしば。

なので、あと2年間、良い経験を積んでくれるといいなと思います。

 

大学受験の際、「私立行ったら大学院には行かせられないよ」と伝えてありました。

が、国立はダメで私立。てっきり4年で卒業するもんだと思ってました。

 

が、今年の1月にまさかまさかの大学院行きたい宣言。

「やっと学費も目処着いた、これからは老後の資金を・・・」と思ってた矢先だったので、たいそう驚きました。

まぁ、受かっちまったわけですから、なんとかするしかありません。くー。

 

 

 

なぜ大学院に?

今回、もんじゃを食いながら、弟ザルに「なぜ大学院に行く気になったの?」と聞いてみました。

既に何度か聞いていて、でも今までははっきり答えを言いませんでしたが、今回は口を割りました。

 

「まだ就職したくなかったんだよ」

 

やっぱり。まぁ、そりゃそうだよね(笑)

 

締めはもちろんお好み焼き!

 

ガッツリ勉強させる系の大学なので、これからも大変だろうと思います。

まぁ、あと2年半、頑張って学んでくれたまえ!

 

 

最近のアレコレ

今年の庭は、カエルが少なくて、少し寂しい感じです。

人懐こいヌマガエルが、ある時期から一匹も居なくなりました。おそらく蛇かなぁ・・・

まぁ仕方なし。蛇だって生きづらい世の中で苦労してるでしょうし。

 

そんな中、最近シオカラトンボのオスを良く目にするようになりました。

餌もあるだろうし、水もあるウチの庭に、ナワバリを構えてくれるかもしれません。

シオカラトンボ。でもピントが・・・

しかし、トンボもピントが合いません。ちゃんとフォーカスエリアにきっちり入れて写してるのに・・・。

目があればピント合わせてくれけど、トンボの複眼じゃぁダメなのか?

 

こういう時は、昔のフィルムカメラ(AE-1)でマニュアルフォーカスでピント合わせた頃を思い出します。

スマホでも一応マニュアルフォーカスもできますが、操作がねぇ・・・

 

というわけで、トンボにもピントが合うAIフォーカスの開発を期待します。

画像認識技術の研究をする予定の弟ザルに「作ってよ」と言ってみたら、「トンボなんて金にならないでしょ」と言われてしまいました。

彼は、道路の凍結を画像認識する技術の研究をするそうです。

 

へー。なんか面白くなさそうだな(←そんなコと言うなって)

 


にほんブログ村


シニアライフランキング