もみじの備忘録 -池にカエルと金魚と白メダカ-

人生終盤に入ったけど、北関東南縁でキラキラした日々を過ごしたい!

【ノンアル図鑑】12.アサヒヘルシースタイル(特保) ★★★★☆


スポンサードリンク

ノンアル図鑑

下戸です。ほとんど飲めません。

ビールを小さいコップに1杯飲んだら、全身真っ赤。2杯飲んだらダウンです。

でも、最近はノンアル・微アルが増えました。これらなら自分も飲めますし、飲んでるうちに旨いと思うようにもなってきました。

まだまだ初心者ですが、飲んだノンアル・微アルを紹介します。

 

アサヒヘルシースタイル【★★★★☆ 特保なのに安い】

ノンアル図鑑 アサヒヘルシースタイル

アルコールゼロ、カロリーゼロ、糖質ゼロ なノンアルビールです。

食後の血中中性脂肪の上昇をおだやかにする健康機能で「トクホ(特定保健用食品)」認定されているのが、最大の特徴でしょう。

 

「トクホってことは、ちょっと高いの?」と思いますが、これが高くない。むしろ他のノンアルビールよりちょっと安く売られれてることが多い。

自分はたいてい「530円/6本」で購入しています。89円/1本。

 

「トクホってことは、ちょっと不味いの?」と思いますが、味も普通です。酸味が少な目で、無難な味だと思います。

特別美味しいとは思いませんが、味的にもマイナス要素がありません。

これって大事です。こんなんでいいんだよ!

 

 

ノンアル図鑑も12回目になりましたが、普通の国産ノンアルビール(微アルじゃないビール)は初登場です。

なぜ今まで登場しなかったかというと、やっぱりノンアルビールよりも、微アルビールのほうが旨いからです。

微アルが旨いのは、ビアリーとかドラフティなど「価格高め」な商品が多いせいもあります。メーカーも微アルは、普段飲み用ではなく、ごちそう用的な位置づけにしているのでしょう。もしくはリッチ層向け。

 

一方ノンアルには、コスパ最強のバーグブローがあるので、他にはあまり手を出さなかったというのもあります。慣れてしまえば、バーグブローの優しい味(笑)も、美味しいですし。

 


ちなみに、一般的に良く旨いと言われる輸入ノンアルビールに「ヴェリタスブロイ」がありますが、自分と弟ザルにはこれが合いません。

酸味が強すぎませんか?、普通の人はそれがいいのかな?

自分と弟ザルはバーグブローで慣れちゃって、味覚がおかしいのかもしれません。

 

 

が、バーグブローの弱点は、19kcal/100mlとカロリーがそこそこ高いこと。

自分の場合毎週金曜日に18時間プチ断食をしますが、この間はカロリーを摂りたくありません。そこで、カロリーゼロの国産ノンアルビールが必要になりました。

 

ノンアルかつカロリーゼロなら、なんでも良かった。一番安いのを手に取ったらこのヘルシースタイルでした。

飲んでみたら案外美味しいし、気づけばトクホ。それから定番になりました。

 

断食(断カロリー)中の金曜日、ボウリングから帰ってきた後にはこれを飲みます。

カロリーゼロと言っても、ホントは5kcal未満のカロリーあるようですが、まぁその程度なら良いでしょう。

 

あとは、屋外で飲むには、バーグブローよりスッキリ味のヘルシースタイルのほうがいいです。

今回の写真も、川に釣りに行く時に持って行ったものです。

 

 

普通の国産ノンアルビールはいろいろありますが、自分は当面これかな。

やっぱり「トクホ」の付加価値は大きい気がします。

 

www.asahibeer.co.jp

 


にほんブログ村


シニアライフランキング