もみじの備忘録 -池にカエルと金魚と白メダカ-

人生終盤に入ったけど、北関東南縁でキラキラした日々を過ごしたい!

汗疱をエプソムソルトで治す!


スポンサードリンク

今日は汗疱の治し方のお話しです。

 

汗疱って?

なったことない人は知らないと思いますが、手や足に水疱ができ痒くなる病気です。

痒くなるので「水虫?」と勘違いし、病院で「これは汗疱です」と言われて、初めて病名を知る人が多いようです。

皮膚の下に水分が溜まる理由は判ってないらしく、決定的な治療法も確立されてない模様。

 

自分は毎年、左手薬指、左手親指、左脚土踏まずに出ますが、軽症です。

「あー痒い、また今年も汗疱出たか。じゃぁまたいつもの治療しよう」って程度です。

いつもの治療というのは、塩浴です。

 

 

20年続けてる汗疱治療

自分に汗疱が出たきっかけは、結婚指輪。金属アレルギー的な症状がトリガーになって、左手薬指に出ました。今から25年前のことです。

その後少しして、ネットに「汗疱は塩で治る」という情報が溢れました。当然自分も試してみると、軽症だったせいかすぐに治りました。

なんだよ、汗疱。案外意気地がないではないか。

 

しかし、最近は「汗疱は塩で治る」とうい情報はあまり見かけません。自分は何度ブログに書いてますが、よく見かけるのは自分の記事くらい。

少なくとも自分にとっては、とても効果的な治療なんですけどね・・・

 

リンクを貼っておきます。

年々やり方が進化しているので、後のほう(下のほうの記事)がより効果的な方法です。


 

塩ではなく、エプソムソルトを試してみた

さて2022年です。今年も汗疱が出ました。

が、例年通りの方法で対処しては、面白くありません。

今年はこれを使ってみます。エプソムソルト(硫酸マグネシウム)!

金魚の治療用に、薬やココアと一緒に購入したエプソムソルト4kg。
金魚に使うのは4gなのに(笑)、余りまくっておりました。

 

入浴剤です。本来の用途はエプソムソルト浴です。

体内の水分や毒素を、身体から排出する効果があるそうで、金魚の治療においても、同じ目的で利用します。

 

汗疱の治療に塩が使える理由は、水分を排出するからだろうと思っています。

ってことは、エプソムソルトも使えるんじゃね? という発想です。

さて、効果はあるでしょうか?

 

 

効果有り!

今回汗疱が出たのは土踏まずです。

足の場合特濃食塩水に足を浸けるのが常でしたが、今回は特濃エプソムソルトです。

食塩水は濃くするために熱湯を使いましたが、エプソムソルトはどんどん溶けるので、ぬるま湯でやってみました。

エプソムソルト浴で汗疱治療

リモワしながら、エプソムソルト浴で汗疱治療の図

熱湯使い、途中でお湯足すなんてなると風呂場でやるしかありませんが、ぬるま湯ならばリビングでもできます。リモワしながら30分。

 

塩浴治療でもそうですが、かゆみはすぐに収まります。でも水疱はすぐになくなるわけではありません。半日くらいかかります。

半日後に確認すると・・・、すっかり治ってます!

それも、塩浴治療の時よりも、キレイにすっかり治っている気がします。

まぁ、1回試しただけで評価するのはアレですが、期待は持てそうです。

 

溶けやすく、熱湯使う必要がないのがメリットです。気軽に治療できますから。

ただ、塩と比べればかなり価格が高いので、わざわざこれのために購入するかというと・・・

 

 

 

 

でも、エプソムソルト浴(全身浴)は身体にいいらしいので(確かに汗噴き出します)、そっちも睨んで購入するのも良いかもしれません。

 

エプソムソルトでの汗疱治療、今後も実験を続けるつもりです。進展があればまた記事に書きますが、汗疱ができないことには実験もできません。

今年はもうできなそうなので、次の実験は来年になりそうです。

 

 

最近のアレコレ

週末には、たいてい1回外食をします。

ほとんどの場合、奥さんが「味噌ラーメン食べたい」「コナズ珈琲のパンケーキ食べたい」などと言い出し、言い出すとどうにも聞かないために、仕方なくそこに行くことになります。

 

が、今週は珍しく「なんでもいいわよ」と奥さん。あまりお腹が空いてなかった模様。

 

ならばと、久しぶりに「ゆで太郎」さんに行きました。

ゆで太郎さんの2枚もり!

ゆで太郎さんの2枚もり!

30代の頃には、都内でお昼によく食べてました。

普通の美味しいお蕎麦屋さんの麺とは違うけど、これはこれでとっても美味しい。ゆで太郎さんのそば独特の美味しさです。

そういうのって、いいと思いませんか?

 

そばを味わうため、ゆで太郎さんでは「もり」一択です。

久しぶりのゆで太郎さん、たいへんおいしゅうございました。

 


にほんブログ村


シニアライフランキング