もみじの備忘録 -池にカエルと金魚と白メダカ-

人生終盤に入ったけど、北関東南縁でキラキラした日々を過ごしたい!

人生の先輩たち


スポンサードリンク

今日は「先輩」のお話しです。

 

知らない先輩だらけ

昨日、実家の神社の例大祭に参加したことを書きましたが、それは知らない先輩方の中に入るということでもありました。

氏子の集まりですから、古くからの農家の人ばかりです。といっても、専業農家の方はいなくて、兼業だったり、もう農業は止めてる人がほとんどです。

 

一応実家ですから、自分が子供の頃の「近所のおじさん達」なわけです。

でも、なんとなく顔を知ってるだけで、話したこともなければ、名前も知りません。

年齢構成は、70代が半分以上、60代が3割、それ以外が1~2割といった感じです。

 

さて、どうしましょ(笑)

 

 

若者は働く

自分、社交的どころかコミュ障なほうで、人見知りでもあります。

新しいコミュニティーに入った際に、明るく挨拶して回って、人間関係を作るなんて最も苦手なことです。

以前はそういうことも、無理してやろうとしましたが、苦手なんだから上手くできないわけですよ。

そういうのって、普段から社交的な人だからできるわけで、付け焼刃でやってもダメなんだろうと思います。

なので、上手くやろうなんて考えず、簡単な挨拶だけをして回りました。

 

あとはもう、働くしかできることはありません。

このコミュニティの中では「若者」ですから、せっせと動きました。

なにやればいいのかもわかりませんが、とりあえずなんかやろうとしてるウチに、先輩方からアレやれコレやれと言ってもらえるようになりました。

「動いてくれる人」と思ってもらえたようです。

 

一応、高いトコ登るとか、重いもの運ぶとかは、一通りやり、少しは役に立てたんじゃないかと思います。

そのくらいしかできることはありませんが。

 

 

諸先輩方

自分はけっこう、80代、70代、60代の諸先輩方との関わりを楽しみにしているところがあります。

諸先輩方と上手くコミュニケーションを取れてるわけでも、仲良くなってるわけでも全くありませんが、諸先輩方のことを見てるのが好きです。

今の住まい(北関東)の自治会でもそうですが、諸先輩方はどなたもそれぞれ魅力があって、「人生の先輩」という感じがするからです。

 

今回も諸先輩方は、それぞれが個性的で魅力的でした。

「何が魅力的なの?」って言われると、説明できないのですが、「みなさんそれぞれの個性・それぞれのスタイルで生き抜いてきた感じがするから」ってところでしょうか。

 

みなさん、ぶっきらぼうで、ちょっとふざけてて、でも締めるところはしっかり締めて、そして懐が深く、新参者にも優しくて・・・。

それも大勢の先輩方と一気に接したので、なかなかインパクトが大きい一日となりました。

 

行くまでは、正直なところかなり気が重かったのですが、行ってしまえばそんなことはなく、あっという間に一日が過ぎました。

お世話様でした。ありがとうございました。

 

 

最近のアレコレ

先週、室内で稚魚容器で育てていたメダカ若魚達を、屋外の睡蓮鉢に移しました。

やっとです。今年はずいぶん遅くなってしまいました。

メダカ達、稚魚容器を卒業し睡蓮鉢へ

針子の頃から過ごしたとっても小さい水槽を卒業し
屋外の睡蓮鉢(右側)にお引越しする直前のメダカ若魚。

水槽はダイソーの100円プラ水槽です。1つに15~20匹、4つあります。

卵から孵化するとすぐこの水槽に入れ、そのままずっとここで大きくなりました。

 

屋外に出すタイミングは、真夏の暑い盛りは厳しいだろうし、かといって遅すぎても越冬に向け慣れる間が無くなるし といったことから、今となりました。

 

睡蓮鉢の若メダカ達

小さい水槽では大きく見えたメダカ若魚も、睡蓮鉢に移すとまだ小さいですね。

 

台風の影響で、今晩は北関東でも荒天な予報です。

もしかすると、メダカ若魚達にとって、初めての試練になるかもしれません。

みんな、頑張れ!

 


にほんブログ村


シニアライフランキング