もみじの備忘録 -池にカエルと金魚と白メダカ-

人生終盤に入ったけど、北関東南縁でキラキラした日々を過ごしたい!

夫婦の攻防


スポンサードリンク

今日は「夫婦の攻防」のお話しです。

 

 

内緒攻撃

奥さんから何か聞かれたときに、自分はよく「内緒」と言います。

例えば、「今週は何曜日に会社に行くの?」とか、「今日はチビ姫とどこに散歩に行ってきたの?」とか、ラーメン屋さんで「あなたは何にするの?」と聞かれた時などに、「内緒」と言います。

 

内緒と言ったところですぐに判ることや、そもそも判る必要がないことに対して「内緒」と言ってみるわけです。

奥さんも慣れたもので、「じゃぁいい」とすぐに引き下がります。

おそらく「しまった、聞くんじゃないかった。このバカ夫め」と思ってるに違いありません。

 

この内緒攻撃がなかなか有効でして、奥さんはついつい自分に何かを聞いてしまい、内緒攻撃を繰り出されて、悔しい思いをする というのが、日々繰り返されています。

はははっ、ざまーみろ!

 

 

教えない攻撃

しかし、最近奥さんの逆襲が始まりました。「教えない」攻撃です。

例えば、「俺の財布どこに置いた?」とか、「明日着ていくワイシャツってアイロンかかってる?」とか、「この唐揚げ、いくつ食べていいの?」と聞いた時などに、彼女は「教えなーい」と言います。

いや、教えてくれなきゃ困るんですけど・・・

 

だいたい、口喧嘩的なもので男が女に適うわけがありません。

内緒攻撃 vs 教えない攻撃の攻防も、ダメージの大きさから教えない攻撃の圧勝です。

さらに奥さんが教えない攻撃を繰り出すタイミングが絶妙で、ホントに困るタイミングで「教えなーい」と来ます。

ウキー!!

 

 

なら食うな攻撃

奥さんには更に奥の手があります。「なら食うな攻撃」です。

食事の時、彼女は男3人に向かい、「どう?、おいしい?」と聞いてきます。

ここで「ちょっと味濃いかも」とか言おうものなら奥さん、「なら食うな、お前は食わなくていい」とお皿を下げてしまうのです。

 

が、さすがに男3人とも、長年繰り出された「なら食うな攻撃」に対する防御は完璧です。もはや「おいしい」しか言いません。

特に兄ザル、「おいしい」以外の言葉は一切発しません。彼は、「あー、めんどくせー母親だな」と思ってるに違いありません。

弟ザルは、自分も料理をすることもあるせいか、つい一言が出ちゃうことがあり、今でも時々被弾しています。

 

弟ザルもやられっぱなしじゃ可哀そうなので、「内緒攻撃」を伝授しようかな?

自分独りじゃ敵わないから、弟ザルと共同戦線だ!(兄ザルはまず乗ってこない)

 

 

最近のアレコレ

明日は、利根川を越えて栃木に行ってきます。

「いちご一会とちぎ国体」を見に行くのです。見に行く競技はコレ。

いちご一会国体ハンドボール かんぴくん

はい、ハンドボールです。今年から応援してる三重のチームを見に行きます。

女子ハンドボールはめったに関東では試合をしませんから、貴重な機会です。

 

とろでこの緑のキャラクター、何の植物か判ります?、そら豆じゃぁありませんよ。

 


にほんブログ村


シニアライフランキング