もみじの備忘録 -池にカエルと金魚と白メダカ-

人生終盤に入ったけど、北関東南縁でキラキラした日々を過ごしたい!

ふるさと納税、上限額が増えててビックリ


スポンサードリンク

今日は「ふるさと納税」のお話しです。

 

我が家のふるさと納税事情

我が家はふるさと納税7年目です。

毎年、春・夏・秋にボチボチ寄付し、12月に残りをドーンと寄付するパターン。

12月のドーンは、お正月用の蟹です。毛蟹とズワイ。

 

ふるさと納税の返礼品は、「現地価格と流通価格の差が大きいもの」かつ「クールもの(送料かからないので)」がお得と考えてるので、主に海産物、たまに肉(牛、羊、鹿)です。

 

使うサイトは楽天です。

必ずお買い物マラソン期間中の、5か0の付く日に申し込んでいます。

 

ワンストップ特例は使わず、毎回確定申告しています。

寄付自治体数の上限5がイヤだからです。

 

 

今年は細かく刻んでみた

ふるさと納税の寄付額で一番多いのは10,000円だろうと思います。

うちも去年までは、ほぼ10,000円の寄付でした。12月の蟹以外は。

 

が、今年は試しに5,000円中心に攻めてみました。

さざえ、ホタテ、鮎、牡蠣、ホンビノス貝 などです。

普段自分では買わない変わったモノを、少量ずつ頂くにはなかなか良かったです。

珍しいものは、量たくさんは必要ありませんからね。

それより何度も申込ができ、いろいろ試せて良かった気がしました。

 

5,000円で刻んできたので、まだ寄付額がだいぶ残っています。

蟹以外も十分狙えそうす。なんにしようかな?

 

 

扶養が減ると寄付上限が増える?

残りの寄付額がこれくらいだから、アレかなソレかなと考えてたところに、ふと
「そういえば兄ザルが就職して扶養外れたから、寄付上限が変わるんじゃね?」と気づきました。

減るのかな?、ちょっと心配です。

すごく減ってしまって、蟹貰えなくなったら奥さんに怒られちゃいます。

毛蟹は諦めて、ズワイだけとかになったら、奥さんに激怒です。

 

なんて心配をしましたが、計算サイトで調べた結果は約20000円プラス。

扶養が減ると、寄付上限は増えるのですね。

弟ザルが23歳になったことも、寄付額が増える要因になったようです。

 

気づいて良かった。あやうく上限まで使い切らないところでした。

どうやら、11月にもそこそこ寄付したほうが良さそうです。

11/10に申し込むので、あと2日間悩みます。(やっぱり、肉かな?)

 

 

最近のアレコレ

今日は月食ですね。

会社から早めに帰ってきて、奥さんと家の窓から眺めています。

 

奥さんは飽きずにずっと眺めてます。

自分はこの記事書きながら、時々窓際に行って眺めてます。

 

「ほら、ほとんど見えなくなりそう。今見たほうがいいわよ」と奥さんが言うので、めんどくせーなと思いつつも窓から顔を出そうとしたら・・・

ゴツン! (奥さんの後頭部が自分のアゴにクリーンヒット)

 

もみじ「なんで今立ち上がるかな?、いてててて」

奥さん「あなたこそ何故上から見ようとするの!、下からでしょ!!」

奥さん「人が下空けてあげたのがわからなかったの!!」

しこたま怒られました。見ろって言うから来たのに・・・

 

その後はめんどくさがらずに、デッキに出て見ることに。

 

その様子を不思議そうに見ているのはチビ姫。

「人間、今日は何やってるんだろう?」と思ってる模様。

 


にほんブログ村


シニアライフランキング