もみじの備忘録 -池にカエルと金魚と白メダカ-

人生終盤に入ったけど、北関東南縁でキラキラした日々を過ごしたい!

色を断捨離、真っ黒な人生


スポンサードリンク

今日は「服の色」のお話しです。

 

茶色を止めた

昨日、久しぶりに靴を買いました。

通勤用です。出社の機会も増えたので。サンダル以外の靴を買うのは久しぶり。

 

普段用の靴の形状は、革靴も布靴も、脱ぎ履きが楽なスリッポン一択です。

そして色は黒一択。黒しか買いません。

 

靴、カバン、ベルトは、黒と決めています。

以前は黒と茶の2系統を持っていましたが、茶は30代半ばに止めました。

2系統あると面倒だし、お金もかかるからです。

 

今でも「茶もいいよな」と思うこともありますが、買おうとは思いません。

どうせたいした服は着てないし、いい服着たってだれもオッサンの服装なんて見てねーのです。

黒だけあれば十分です。

 


青・紺も止めた

茶を止めてから20年が経ち今や50代、こんどは「もう、めんどくさいから服は全部黒でいいんじゃね?」となりました。

もともと赤・黄・橙などの派手な色は着ませんから、「黒/グレー/白」と「青/紺」の混在でした。
その、「青/紺」も止めることにしました。

 

持ってるスーツはほとんど濃紺でしたし、ブレザーも紺でしたから、まずはこれらを黒に変える必要がありました。

でも職場がカジュアル可になり、スーツ類を着る機会が減ったため、黒のジャケットを少しだけ買えばそれで済みました。

 

あとはジーンズです。当時はブルージーンズを数本持っており、これらを黒に変える必要がありました。

が、これもカジュアル出勤やら、その後のリモワ生活しているうちに、擦り切れてダメになりまして・・・

リモワ用にはイージパンツ風の黒ジャージ2本を、出勤用にはブラックデニムを2本購入
することで、入れ替え完了となりました。

 

トップス(シャツ・カットソー)も基本黒のみにしていますが、白シャツだけは何枚かあります。

ここだけは今でもちょっと迷ってまして・・・

 

というのも、上から下まで真っ黒だと、「怖いよ」と言われるからです。

髪もないし、人相も悪いので、その上黒づくめだと・・・ということらしく。

奥さんも、一緒に出掛ける時には「シャツだけでも白にして」と言います。

「私がヤクザの愛人みたいに思われるのイヤよ」とも。

いやいや愛人には見えないでしょ、女組長と下っ端組員に見えると思うけど・・・

 

 

黒だけにできた理由

そうしようと思ってから、数年かかりましたが、一応ほぼ黒だけにできました。

考えてみれば、黒だけにできた(黒だけにしようと思った)背景に、最近の服は黒でも色が褪せないというのがありそうです。

今や服の材質も代わり、化繊系・ストレッチ系ばかりになり、色落ちなんて心配は要らなくなりました。


若い頃ブルージーンズばかりだったのは、色褪せしてもおかしく見えないからでした。

当時のブラックジーンズとかって、すぐ色落ちするから、履きたくなかった記憶があります。

 

そういえばウチの子供達も、ブルージーンズはほとんど履きません。

 

 

でも黒ばっかりは良くないらしい

ちなみに「黒い服ばかり着る人」で検索すると、ネガティブなことばかりが出て
きます。

黒い服ばかり着る人は、自分を守りたい保守的な人が多いとか、都会的に見せたい人が多いとか・・・。

そういったのはどーでもいいのですが、「黒い服だた相手が威圧感を感じるから良くないよ」というのもありました。

これは確かにそうだろうなと思います。ましてや、人相も悪く髪もない(笑)

 

だからといってポップな服を着ようとかは思いませんが、人と接する時に、表情だけは「にこやか」にしておいたほうが良さそうです。

っていうか、やっぱりシャツくらいは白にしといたほうがいいのかな?

 

 


にほんブログ村


シニアライフランキング