3週間後も殖え続けるゾウリムシ培養液


スポンサードリンク

ゾウリムシ に えひめAI は効果あるのか?

ゾウリムシの培養に、えひめAは効果あるのか? の3週間経過後の結果です

この(↓)記事の、更に一週間後になります

 

実験内容(再掲)

以下3パターンで比較実験してみました 

 a) ドライイーストのみ
 b) ドライイースト+えひめAI少なめ(培養液の1%)
 c) ドライイースト+えひめAI多め(培養液の3%)

500mlペットボトルに、種水80cc、水(水道水)320ccを入れ、そこにえひめAIを添加しての実験
朝晩シェイクし、ドライイーストやえひめAIの追加投入はなし

 

結果発表!

左から、a、a、b、c です

f:id:momijiteruyama:20200812203544j:plain

f:id:momijiteruyama:20200812203556j:plain

aは水がかなり澄んでますね、bも3日前くらいから、水がやや澄み始めました

cはまだまだ濁ったままです

 

まずはa

かなり少なくなりました、ピークは1週目でしたね、そこから減る一方

f:id:momijiteruyama:20200812203825j:plain

 

次にb

先週がピークだったかな、だいぶ減ってきた印象です
水が澄み始めるのと、ゾウリムシが減り始めるのが一緒のようでした

f:id:momijiteruyama:20200812203811j:plain

 

最後にc

爆殖中です、まだまだピーク継続な感じ

f:id:momijiteruyama:20200812210910j:plain


前回(一週間前)にはこう書いてましたが

  • 1位(c)と2位(b)は僅差、濃度が濃いから効果高いというわけではなさそう
  • ついでに3位(a)との間にも大きな差はなし、イーストだけでも良く殖えてる
  • えひめAI組が首位にたったのは、9日目くらい

10日目以降、aのイーストが減る一方で、b・cのえひめAI組が増えるから、どんどん差がつきました

そして、b(えひめAIが1%)とc(えひめAIが3%)の差もどんどん開いていきました

長期戦になれば、えひめAIが強い、それも濃いほうが強い という結果になりました

 

考察

前回に続き今回も、「えひめAIは、汚い環境でこそ威力を発揮する」と感じました

  • aは酵母菌が食いつくされると、ゾウリムシも殖えなくなった
  • bは培養水が汚れた後で菌達が増殖し始め、それを餌にゾウリムシが殖え始めたけれど15日目くらいで息切れ
  • cは培養水が汚れてきて菌達が増殖し、まだそれが続いてる

ということではないかな? と思ってます 

 

出だしはドライイーストのほうが良いのですが、長期戦になるとえひめAI入りのほうが強く、ピークも長く続く ということは

  • イーストでスタートし、スタートダッシュをかけ
  • イーストが切れてきた&培養水が汚れてきたころに、えひめAIを追加投入

ってのが、一番良いように思います

 

それにしても、今の気温だと「4~5日でピークを迎え、1週間後には減りはじめる」というのが普通なところ、3週間経過後も殖え続けてるっていうのは、ちょっと凄いなと思います

bが息切れしたように、cもいつかは息切れするのでしょうが、それがいつになるのか、もう少し見守りたいと思います

     
にほんブログ村 ビオトープ