池にカエルと金魚と白メダカ

そんなんでもいいんだよ教の信者です。ゲロゲロ。

雀がやってきた、想定外の大群で


スポンサードリンク

雀が少なくなっているらしい

雀が減っているらしく。餌の減少、瓦屋根家屋の減少による棲み処の減少 などなど、いろいろな原因があるようです。全く都会ではない北関東でも、確かに減ってる気はします。

子供の頃、巣から落ちた雀の子を飼ったことがありました。篭に入れず家の中で放し飼い、祖父母も母親も雀を可愛がってました。インコや文鳥も飼ってましたが、雀が一番可愛かった。独特の可愛さがあり、奔放というか野性味あふれるというか。

そんな経験もあるせいか、雀が好きです。他の小鳥をあまり知らないだけかもしれませんが。

 

冬の雀の群れ、雀の冬越し

雀が冬に大きな群れを作ると知ったのは、つい先月でした。たまたま朝の散歩中に、けっこうな群れを見かけたのがきっかけで、少し調べてみたのです。

momijiteruyama.com

 

同時に知ったのが、餌が少ない冬は、雀も生き残るのが難しいということ。そりゃそうです、餌は少ないし、寒いし、飛ぶのってとってもカロリー消費しそうですし。

なので、池の近くに雀の餌台(バードフィーダー)を置いてみようと考えました。

 

実際に設置してみたのは12月中旬。来ないかもしれないし、とりあえず簡単なものでお試しと、お豆腐のパックを木に括り付けただけです。

f:id:momijiteruyama:20210103184806j:plain

バードフィーダー的なもの。残りご飯を入れました。木はカイヅカイブキ

一応、お豆腐のパックは2重構造、下皿が木に固定、上皿は取り外しできます。これで雀が来るようなら、もう少しちゃんとしたバードフィーダーに変えるつもりです。

 

雀がやってきた

が、なかなか雀は来ません。近くの木や、フェンスには止まっているのですが、バードフィーダー(というかお豆腐パック)には近寄りません。餌も減ってる様子はなく。

ウチの庭は、チビ姫(犬)がウロチョロしてるから怖がってだめかもしれないなぁと、半ばあきらめていました。

が、年末近くになったら、なんとなく餌が減ってる気がします。設置から半月経過し、とうとう雀が来るようになったのかもしれません。でも、たびたび窓からそっと覗いてみますが、雀の姿は見当たらず。

来てるのか、来てないのか? と気をもんでいたら、昨日、とうとう雀を目にしました。元旦にカニ食って飲めないお酒もちょっと飲んでひっくり返ってたので、雀のことなんてすっかり忘れていた2日のお昼。そうだ、池の金魚に餌やろうと窓を開けてデッキに出たら・・・

バババババッ! (ん、何ごと?)

庭の木やフェンスや地面から、一斉に雀が飛び立ちました。おそらく50羽以上。バードフィーダー近くからも飛び立ったので、餌も食べてた模様。

やっと、餌がある場所と認識してもらえたようです。

 

カーテンの隙間から覗いただけでも逃げられてしまうので、まだとても警戒しているようです。なので、写真もまだ撮れてません。

みかんも食べるのかな? と置いてみたら、ヒヨドリが来ました。ヒヨドリが来ても、雀は逃げてしまうようです。でも、冬を越すのが大変なのはヒヨドリも一緒でしょうから、みかんもあげ続けてみようと思います。

 

それにしても、50羽も来なくてもいいのに。笑

あの数じゃ、お豆腐パック1個ではとうてい全員食べれません。弱い小さい子は餌を食べれないでしょう。弱い小さい子にこそ、食べて欲しいのに。餌のあげ方を工夫する必要がありそうです。

バードフィーダーとか言ってないで、いっそ庭にバラ撒いちゃおうかな? とか、餌は何がいいんだろう? とか、いろいろ思案中です。今週後半には、また一段と寒くなるらしいので、ちょっと急がねばなりません。

カエルも遊んでくれないし、池の金魚もそろそろ底に沈みっぱなしになりそうなところに、新しい遊び相手ができました。ホントは、5~6羽で良かったんだけどね。

 

にほんブログ村 シニア日記