たくましく生き残ったダルマメダカ


スポンサードリンク

 ダルマメダカの幼魚、順調に成長中

今年は、4月5月にメダカの稚魚が増えすぎ、金魚も採卵したこともあり、6月7月は採卵を止めていました

その後、4月5月に生まれた子達が成長し大人になったので、その中からダルマメダカだけを集め採卵を再開したのが8月初旬

 

 その子たちはもう1cmを越え、順調に育っています

ダルマメダカの幼魚

順調に成長しているダルマメダカ幼魚たち

早くに生まれた子のダルマ率が高いのは、おそらく水温が高い時期だったからでしょう 

まだ小さい子達はダルマかどうか判りませんが、全体通じてダルマ率は高そうです

ゾウリムシのおかげか、針子のうちに数が減ることもなく育ってくれたので、ちょっと多すぎてしまいました

親魚も含め、ダルマメダカは室内で冬越しする予定ですが、入りきるかしら?

 

ヌマガエル専用エリアもそろそろ撤収

話は変わり、ヌマガエル

8月には、ヌマガエル軍団用に、こんなヌマガエル専用エリアを作りました

池はトウキョウダルマガエルが占有していて、ヌマガエル軍団は入れなかったからです

ヌマガエル専用エリア

8月に作ったヌマガエル専用エリア(8月の写真)

タッパーで作ったプールに集まるヌマガエル

夏のうちはヌマガエルも水に入りたかったようで・・・(8月の写真)

当時はヌマガエルの数もやたら多く、かなりの数がヌマガエル専用エリアに住み着いてくれていました

今は、ヌマガエル自体の数もずいぶん減り、おそらくウチの庭全体で10匹程度しかいないのではないでしょうか

その10匹も、それぞれ好みの場所を見つけて散らばっていて、ヌマガエル専用エリアにはたまに1匹が入ってるくらい

なので、もう役割を終えたヌマガエル専用エリアを、撤収することにしました

 

どうしてここにいるのかな

今のヌマガエル専用エリアはこんな感じ、落ち葉にまみれています

ランナーを投げ込んどいただけのウォーターマッシュルームが、たくましく育っていました

撤収するヌマガエル専用エリア、ウォータマッシュルームはたくましい

ヌマガエルはいなくなってても、この中にはボウフラとかいるんだろうなぁ・・と思いつつ、レンガをどかしていると、何やら泳ぐものが

何か泳いでる気が・・・(上のほうです)

浅いプールに白メダカ

君はどうしてここにいるのかな?

白メダカです

ダルマっぽいし、大きさ的にも8月に生まれた子、おそらく、ウォーターマッシュルームのランナーに卵がついてたんでしょう

でも、よくこんなとこで、ここまで育ったものです

水深は3~4cmしかなくて、ホースでジャバジャバ水を足してただけ、餌もあげてないいし、先週までは草ボウボウな中に埋もれてたのに・・・

掬って他の子達の容器に入れましたが、掬おうとすると逃げるは隠れるはで、なかなか捕まりません

特に隠れ方が上手くまるでモツゴのよう、たくましく生きてきたんだなぁと感じました

これからは、みんなと一緒にゆっくり過ごしてね

     
にほんブログ村 ビオトープ