池にカエルと金魚と白メダカ

なんでも自分で試してみよう!

メダカと鯉は寒がり、金魚と鮒はまだまだ元気


スポンサードリンク

大先輩からのお問い合わせ

昨日の朝、南関東の実家の母親から電話がありました。

「白メダカって、冬も屋外で大丈夫かしら?」「最近全然餌も食べないのよ」と

屋外の飼育容器は何かと聞いたら「瓶」。深さは40cm以上ある大きめの瓶なので、容器としても問題ないはず。

  • 動かなくなるし、餌も食べなくなるけど大丈夫。ウチのメダカもそう。
  • 変温動物だから、人間とかクマと違って食わなくても平気。

と伝えました。

「氷張っても、大丈夫よね?」と聞かれ、「底まで全部氷らないよね、なら大丈夫」とも。

でも、メダカ飼育に関しては、ウチの母親のほうが遥かにキャリアが長く。半世紀以上飼い続けてる大先輩なのです。なんで、今更そんなこと聞いてきたんだろう?、

実家では基本的に縁側(屋内)に水槽並べて飼ってるので、外で冬越しさせたことはないのかもしれません。

まぁ、メダカをネタに電話をしてきた(心配してくれている)というのが本当のところかも。

 

メダカと鯉と金魚の耐寒水温差

実家同様、ウチの外メダカもすっかり底に沈み、姿を見るのは暖かい日の日中だけになりました。睡蓮鉢の水温も、10℃以下の時間が長くなってきています。

一方で金魚達はまだ元気。人の姿を見ると「餌!、餌!」と集まってきます。さすがに動きはゆっくりになってますが、それでもけっこう軽やかな身のこなし。

金魚はかなり低水温に強いように思います。

朝の金魚。人の気配を感じ偵察隊が様子見に出てきたの図。
ヒメツルソバホテイアオイの様子はまだ秋ですが、水温は10℃以下。

でも、調べてみると、メダカも金魚も「10℃以下になると活動量が減り、5°以下になると冬眠」と差がないような記述しか見つかりません。実際は違うと思うけどなぁ。

 

ちなみに、池に金魚と一緒にいるモツゴ(クチボソ)は、とっくに底に沈み冬眠モードです。モツゴはメダカよりも寒さに弱いようです。

ウチの池の耐寒性ランクは モツゴ<メダカ<金魚 になります。

 

それから、釣りの経験からは、鯉は真冬は全く釣れなくなりますが、鮒は釣れます。春も鮒のほうが早くから沢山釣れるようになります。

公園野池の耐寒性ランクは 鯉<鮒 になります。

金魚はもとは鮒ですから、モツゴ<メダカ<鯉<鮒&金魚 でいいんじゃないかな?

 

で、よく目にする「10℃以下になると活動量が減り、5°以下になると冬眠」っていうのが、大雑把には合ってるのでしょうが、本当は魚種別に2℃~3°違いがあるのでは? と思います。

特に金魚の場合、もう少し低温なんじゃないかな?

と感じているので、まだ結構な量の餌を与えてますし、金魚達は完食しておりまする。

 

ポンプはどうする?

屋外飼育の冬支度で、迷ってるのがポンプを止めるかどうか? です。

夏に設置した水中ポンプを動かし濾過してますが、これを続けるのか止める、止めるならいつごろ止めるのか?

今まで水中ポンプを動かしたまま冬を越したことはありません。秋ごろまでにはポンプが泥吸って動かなくなってたので、動かそうにも動かせなかったため。

今年は水面近くに設置したので、ポンプは泥吸うこともなくまだまだ元気。氷張るようになるまでは、動かそうと思えば動かせます。

餌を全く食わないなら濾過する必要もないでしょうし、水も動かさないほうがお魚にとって快適でしょう。

そう考えると、「餌を切ったらポンプを止める」が正解そうに思えますが、真冬でも餌欲しがったらあげちゃうと思うので・・・

とりあえず、日中の暖かい時間(10:00~15:00)のみポンプを動かすようにタイマーを設定し、様子をみてみようと思います。

タイマー便利です、買っといて良かった。

 

 

にほんブログ村 シニア日記