池にカエルと金魚と白メダカ

なんでも自分で試してみよう!

3000円の中古デジカメを持って、野鳥を撮りに行ってみた


スポンサードリンク

5月の桜花

5月になれば、さすがに残花(他の花が全て散ったあとに残る桜の花)もないよなと諦めてたところで、びっくり。最後の花びらがほんの少し残ってました。

f:id:momijiteruyama:20210504072023j:plain

5月3日の残花。今にも散りそうな花びらが少し残るだけですが・・・
さすがにソメイヨシノではないでしょう。オオシマかな?

残花が気になります。きっと、自分が落ちこぼれなせいでしょう。

自分は何でも人より遅かったそうです。言葉が出るようになったが3歳だったらしく、それまではひたすら無言で棒を振り回してたそうです。親もさぞ心配したことでしょう。当然、大人になっても躓くこと多数、でもなんとか生きながらえてきました。

今でも無言で棒(竿)を振り回すのは好き。あれっ、最近全然釣りに行ってないや。用水路にも水入ったことだし、たまには行こうかな!

 

3000円の中古デジカメを持って、野鳥を撮りに行ってみた

昨日は、3000円の中古デジカメを持って、野鳥を撮りに行ってみました。近くのモノを撮るなら画素数が4倍あるスマホのほうがキレイに撮れるとわかり、デジカメは望遠専用にすることにしました。そして、望遠なら鳥でしょと。

向かった先はいつもの公園。ウグイスも鳴いてたし、アオサギが池に入ってたこともあるし、最悪鳥が撮れなくても「整列ガメ」がいますから。

 

で、結果はやっぱりその「最悪」でした。ウグイスたくさん鳴いてますが、姿がみつけられません。すぐ目の前に木で鳴いてるのに、10分くらい粘っても見つからず。

唯一撮れた鳥は、この子。

カラス

そりゃ、見つけられるでしょ。これ見つけられなかったら大変だよ。

実はこの子も「キジ!」と思ってカメラを向けました。最近、gagambow雑記 でキジの写真をよく見させていただいてるので、自分もキジが撮れそうな気になってたのでしょう。そんな甘くはないってば。

 

仕方なくカメ、整列ガメです。暖かい日なら必ず居てくれる、安心の被写体です。動かないのもカメラ初心者にはありがたい。

日向ぼっこする整列ガメ

足ピーン。みんな足伸ばしてますね、こういうものです?

 

整列ガメ

別角度から。子亀が可愛い。
いいポジションは、大人が取ってしまうようです。頑張れ子亀。

 

首ピーン。首もこんなに延ばしてるものです?
肉眼(視力0.3)では気づきませんでした、望遠ならでは。

 

身の丈に合った被写体がいるってことは幸せなことです。でも、いつかはウグイスやキジも・・・

 

公園では白い睡蓮がたくさん咲いてました。
ウチの池の赤い睡蓮も、そろそろ咲いてくれるはず。

 

睡蓮

白もいいなぁ。欲しいなぁ。

 

至高のチキントマト煮

昨日は、トマト好きな弟ザルが、トマト煮を作ってくれました。

弟ザル作のチキンのトマト煮。これ、ホントにとっても美味しかった!
トマト煮なので、いまいち写真映えはしませんが・・

奥さんと、「ホントに旨いね」「弟ザル史上最高じゃね?」「どこでこんなの覚えたの?」と話してたら、弟ザルが一言「バズレシピだよ」と。

ほー、弟ザルもバズレシピ見るのかよ。そりゃ、料理上手になるわけだ。

そういえば弟ザル、最近料理作りながらワイン飲んでるよ。笑

 


にほんブログ村