池にカエルと金魚と白メダカ

そんなんでもいいんだよ教の信者です。ゲロゲロ。

自民党総裁選、ゲロゲロ


スポンサードリンク

ワクチン接種

自分は今日がワクチン接種1回目です。

ワクチンについては賛否両論あります。リスクもあるのでしょうが、メリットのほうが大きいと判断されての施策なのでしょう。自分はその判断に積極的に従います。まぁ、今の生活なら、コロナ感染のリスクは全く感じないので、個人的には接種の必要を感じませんが。

日本のコロナ対策も、変異株が出てこなければ比較的上手く進んでたのではないでしょうか?、世界的に初めてのことで、先が読めない中での対策としては。もちろん、不手際もありましたが、おおむねきちんとやっていただけている認識です。

というか、「コロナ禍で国民に不満が・・・」と良く聞きますが、自分はあまり不満がないのです。家好きだし、出かけるとしても人少ないところで遊ぶのが好きなので、我慢していることがありません。コロナ禍適正が高い人種のようです。

だから言えることかもしれませんが、今は仕方ないのです。「冬は寒い」のと同じで、文句を言っても、どうにもならないのです。寒さをしのいで、春を待つしかありません。いつ春が来るか判らないのが辛いところかもしれませんが、きっといつか来ます。それまでは、寒さをしのぎつつ、おとなしく過ごすしかありません。

それに、そんな中でも、楽しく暮らす方法はあるんじゃないかな?

 

自民党総裁

自民党総裁選の話題が増えてきました。

f:id:momijiteruyama:20210901073933j:plain

自民党総裁選?、なにそれ美味しいの?、ゲロゲロ』

f:id:momijiteruyama:20210901073928j:plain

『僕らは党員じゃないから、見てるだけらしいよ』

報道も、コロナ感染者数一色から、自民党総裁選の話題にシフトしつつあります。

特に左系メディアは必至のようですね、後に選挙が控えているので。今思えば、オリンピックの頃から、総選挙を睨んでの世論誘導報道をやっていたのでしょう。それも左系メディアの定常運転でしょう。

と書くと、「もみじさんは右系」と思われるかもしれませんが、左右について主張はありません。メディア批判をしているだけです、あまりにも酷いので。で、より事実を曲げる報道が多いのが左系メディアというだけで、左系の思想・政策については批判はしません。自分、思想・政策について語れる程、政治に詳しくないので。

自分にとって政治はエンターテイメントです。単に見ていて面白い。特にこういう政局がらみの時期は、話題もつきないですしね。

 

本来は、政治が面白くてはいけないと思ってます。特に今のような冬の時代は、政治に安定していて欲しい。国民に不満が溜まったとしても、政治はドンと安定し、やるべきことに対し、突飛ではない定石の政策を、淡々と進めていって欲しい。どんなに国民に不満が溜まろうが、内閣支持率が下がろうが、気にせずブレずに進めて欲しい・・・のですが、総選挙ありますから、そりゃそうもいきませんわな。

そして、この機に乗じ各メディアが意図を持った偏向報道を繰り返すのも、勘弁してほしいのですが、これもある意味仕方なし。政治的指向を持たない中立的なメディアって成立しないらしいので(なんでだろう?)、仕方ないのでしょう。

となると、国民一人一人がメディアの「色」をちゃんと認識して、情報の真偽を判断するしかありません。

 

まぁ自民党に関する報道では、『左系メディアが持ち上げる議員は反主流派』と非常に判りやすい。だから、どこが左系メディアなのか、どのジャーナリストが左系なのかを判っていさえいれば、「あぁ、そういうことね」と把握ができます。

そして、『左系メディアが持ち上げる議員』って、最終的には左系メディアからも見捨てられることが多い気がします。まぁ、議員自身もそれはわかっていつつ、そうしないと主流派と対抗できないから左系メディアに近づくのでしょう。中韓朝に近づく議員と同じ構図なんだろうと思います。なんだかなぁ・・・

 

もちろん、「どこが左系メディアなのか、どのジャーナリストが左系なのかを判っていること」が重要なのと同様、「どこが右系メディアなのか、どのジャーナリストが右系なのかを判っていること」も大事なはずです。が、右系メディアは力も弱く、あまり派手に偏向報道しませんから(やりたくてもできない?)、それほど気にしなくても大丈夫な気はします。

まぁ、そういうのも含めて、エンターテイメント。しばらく楽しませてもらおうと思います。

 

昨日のアレコレ

20年振りに再開したフライフィッシング。昨日は早起きしお仕事前に30分間の釣り。

f:id:momijiteruyama:20210901073911j:plain

で、とうとうフライでお魚が釣れました!、20年振りのフライでのネイティブの釣果!

写真撮る前に逃げられてしまいましたが、尺はあったんじゃないかな。いや、50cm超えてたかも。荒川本流の大ヤマベ(笑)

 

ヒットフライはこちら。羽化するために水面まで泳ぎ上がってきたユスリカ(蚊の仲間)の幼虫(ボウフラの仲間)が、川面を流れながら羽化する様子を模した、とっても小さいフライです。3mmくらい。

f:id:momijiteruyama:20210901073916j:plain

フローティングユスリカピューパ#22

次回はちゃんと、釣れたお魚の写真を撮ります。見たらビックリしますよ(笑)

 

 

秋の味覚が少しずつ出てきました。

サンマ

サンマ!、2匹で396円、まだ高い。

今年はたくさん獲れるのかしら?、また台湾漁船に根こそぎ獲られちゃう?

 

 

早植えの田んぼでは、稲刈りが始まりました。

 

一気に秋の風情になりますね。

 


にほんブログ村


シニアライフランキング