もみじの備忘録 -池にカエルと金魚と白メダカ-

人生終盤に入ったけど、北関東南縁でキラキラした日々を過ごしたい!

鳥は自力で探せません!


スポンサードリンク

北本自然観察公園に行く

自分も一時、鳥を撮ろうと思った時期がありました。

カメラを入手し、撮るぞと公園に向かいました。でも↓のように玉砕し、鳥撮りは諦めました。そう簡単ではなかったのです。

 

今ではすっかり鳥撮りを諦め、カメラも手放してしまいました。

でも、鳥は見たいのです。鳥撮りの方達のブログもたくさん拝見しているので、鳥の名前もたくさん覚えました。そろそろ日本を離れてしまう鳥も多いので、なおさら見ておきたい。今年は、ツグミすらあまり目にしてないしなぁ・・・

 

 

なんて思ってたところに、この記事を読みました。

naozzz18.hatenablog.com

なんと、自分が鳥を見つけられず鳥撮りを諦めた公園です。

なんだよ、たくさん鳥いるんじゃねーかよ!、どこに隠れてたんだい?、それとも、冬はたくさんいるのかしら?

いずれにしても、沢山の鳥が居ることは間違いありません。行くしかないでしょ。

 

こんな公園です。ウチから車で15分くらい。こちらは公式ホームページ。

www.saitama-shizen.info

 

こちらのページのほうが、様子が良く判るかも。

midikanasizen.com

 

 

鳥を見たけりゃ鳥撮りを探せ

北本自然観察公園に着きました。

冬景色ですね。この季節に来たのは初めて、夕方だったのもあり寒々しい感じ。

北本自然観察公園

荒川近くの谷津の湿地帯に作られた公園なので、メインの景色はこんな感じ。
鳥の鳴き声は聞こえますが、姿はなかなか・・・

 

広い湿地帯の周りに、遊歩道が整備されています。人間(と犬)はそこを歩きます。

ミニチュアダックス in 北本自然観察公園
ミニチュアダックス in 北本自然観察公園
鳥はいないかぁ・・・。気配はずれど、姿は見えず。

以前行った5月と違い、鳥の気配はそこかしこにあります。冬ってそういうものなんです?

が、自分にはなかなか姿を見つけられません。

 

しかし、冬の公園には協力な助っ人軍団が居ました。バズーカ砲のような望遠レンズを持った鳥撮りの方達です。公園中、うじゃこらいます。(いや、うじゃこらは言い過ぎかも。でも、かなり居ました)

そして、その方達のレンズの向いてる方向を見ると・・・

左:いたっ、ツグミ! 右:いたっ、んーなんだろ?

カワセミらしきとかも居ましたが、こちらは犬連れなので邪魔しないようにするのが精いっぱいでした。まぁ、もともと撮るつもりではなく、見れればOKなので。

 

といいつつ、じゃじゃーん!

北本自然観察公園のアオジ

アオジ

 

この子だけは、すぐ近くに動かずに居てくれたので、スマホでも撮影できました。

そりゃぁ、動かないってば。

 

なかなか面白かったです。

慣れれば、もっと見れるようになりそうだから、また行こうと思います。今度は単眼鏡を持って行こう。

 

実は今回、公園内で迷ってしまいまして・・・、後半は鳥見るどころではありませんでした。

チビ姫はバテて歩かなくなるし、日も暮れ始めちゃうもんだから、チビ姫抱えて公園内をさまよい歩いてしまいました。おかげで、隅から隅まで把握できちゃいましたけどね。

 

 

最近のアレコレ

ノンアルコールスパークリングワイン、第2弾を飲んでみました。

前回のドイツ産は期待外れで、「これなら美酢の炭酸割りのほうが旨いんじゃね?」って感じでしたが、今回はどうでしょう。ちなみにお値段は、前回同様約1000円です。

ドメーヌ・ピエール・シャヴァン ピーエル・ゼロ ブラン・ド・ブラン
名前長げーよ!!

前回のことがあったので、期待せずに飲んだら、これは旨い気がしました。

奥さんは甘いお酒が好きなので、「これもイマイチね」と言いながら、イチゴシロップ入れて飲んでましたが、自分と弟ザルは気に入りました。甘くなくでも酸っぱくもなくスッキリ、癖がなく飲みやすいと思いました。

これは、リピートしてもいいかもしれません。「お気に入り候補」入りです。あと、シャメイを買ってあるので、それと比べてどうなるかです。

 

ちなみに、この日奥さんが作った料理は、『鱈(タラ)と野菜と生ハムの包み焼』でした。こちらも大変おいしゅうございました。

 


にほんブログ村


シニアライフランキング