もみじの備忘録 -池にカエルと金魚と白メダカ-

人生終盤に入ったけど、北関東南縁でキラキラした日々を過ごしたい!

土地借りて、畑を作り、サツマイモ


スポンサードリンク

土地借りて、畑を作り、サツマイモ

去年は、「バケツ稲作り」をやりました。

バケツ(というか、漬物樽)で、稲を作ってみたのです。

 

今年もそれをやろうと思っていたのですが、方向転換。

たまたま農産直売所で「サツマイモの茎苗」を見つけ、そっちをやりたくなりました。

この記事が楽しそうだったのを、思い出したからです。

fatbottomgirl.hatenablog.com

 

「じゃがいもは根、サツマイモは茎」ってことは、中学の生物で習いましたが、 「茎苗」なんて言葉は知りませんでした。

茎を束ねただけで流通させちゃうのって、ちょっと凄くね?

それを10本買ってきました。300円くらいだったかな?

 

 

さて、茎苗を買ったのはいいけれど、植える場所がありません。

狭い庭の自分用のエリアは、池とプラ舟と睡蓮鉢5個とオタマトープ2個で一杯です。

稲と同じに、バケツでは、イモが大きくなりそうもありません。

こりゃ、奥さん用のエリアを借りるしかないかぁ・・・

 

ヒバの木の北側が奥さん用エリア、南側が自分用のエリアなのです。

奥さんエリアには、ヒマワリやらパンジーやらローズマリーが植わっていますが、それ以外に、防草シートが敷いてあるだけの土地が1畳分くらいあります。

もみじ「そこの土地をお借りして、サツマイモ植えてもいいですか?」

奥さん「畑にするならいいわよ。半分は私がナスときゅうりを植えるわ」

半分では、芋苗10本は植えられませんが仕方なし。地主には逆らえません。

 

左:防草シートの上にヒメツルソバが伸びまくり(秋の写真)、ここを畑に
右:防草シートを剥がし、土を掘り返し、肥料らしきものを一袋混ぜ込みました

いまいち、畑っぽくない。なんでだろう?、まぁいいか。

 

サツマイモは、斜めに植える方法と、真っ直ぐ縦に植える方法があるらしく。

両方をやってみました。斜めを2本、縦を3本。

しかし、こんなふうに茎さしておくだけで、ホントに芋できるのです?
奥には地主様のナスときゅうり

植えたのは「紅アズマ」です。秋にはホックホクの焼き芋が!

 

 

最近のアレコレ

例年ゴールデンウィーク前後に、近所の田んぼに水が入ります。

水が入ると、田んぼで大騒ぎする困った人達がいます。

youtu.be

 

田植えは、以前は連休前でしたが、最近は連休の後が多いようです。

お米の品種のせいでしょうか?

 

埼玉北部では最近、「彩のきずな」という暑さに強い品種が作られています。

この「彩のきずな」が遅植え品種らしく、田植えが遅いのはその影響もあるのかなと。

 

「埼玉の米なんて・・・」と思われるかもしれませんが、おいしいのです。

一般財団法人日本穀物検定協会が実施する「米の食味ランキング」で最高ランク「特A」評価をもらってます、えっへん!

 

www.sainokizuna.com

 

 


シニアライフランキング


にほんブログ村