もみじの備忘録 -池にカエルと金魚と白メダカ-

人生終盤に入ったけど、北関東南縁でキラキラした日々を過ごしたい!

【ノンアル図鑑】09.ピエール・ゼロ ★★★★★


スポンサードリンク

ノンアル図鑑

下戸です。ほとんど飲めません。

ビールを小さいコップに1杯飲んだら、全身真っ赤。2杯飲んだらダウンです。

でも、最近はノンアル・微アルが増えました。これらなら自分も飲めますし、飲んでるうちに旨いと思うようにもなってきました。

まだまだ初心者ですが、飲んだノンアル・微アルを紹介します。

 

ピエール・ゼロ【★★★★★ ノンアルシャンパンのBEST】

ピエール・ゼロ ブラン ドブラン
ピエール・ゼロ ブラン ドブラン
ピエール・ゼロ ブラン ドブラン

 

ノンアルコールのスパークリングワインの一押し、文句なしに★5つです。

甘くなく、でも辛くもなく、ほんのり甘い感じ?、とてもスッキリしています。

シャルドネらしいです。

が、シャルドネって何?、ぶどうの種類らしいですが、自分は良く解りません。

でも、とにかくこれは美味しいのです。

 

昨年家族でビストロに行った際、自分はグラスのノンアルコールスパークリングワインを頼みました。

「おそらくこれ甘いヤツじゃない、辛くて渋そう」と思ったけれど、ノンアルはそれしか選択肢がなく。

でも、飲んでみたら、美味しかった。

「あー、甘くないノンアルコールスパークリングワインも、美味しいんだ」と、初めて知りました。

 

これがきっかけで、ノンアルコールスパークリングワインに興味を持ちました。

ビストロで飲んだワインの種類を覚えてこなかったので、何種類か購入し、家で飲み比べてみました。

シャメイなど甘いものが多く、それはそれで美味しいのですが、やっぱり食事の時に飲むには甘くないほうがいい。

で、甘くない中で断トツに一番美味しかったのが、このピエール・ゼロでした。

 

そして今月、また同じビストロに行った際に確認したら、やっぱり前に飲んだのもピエール・ゼロでした。やっぱり!

これで、答え合わせもできました。もう、迷いは一切ありません。

 

家にもストックすることにしました。

が、なかなか飲む機会がありません。やっぱり普段は、ノンアルビールです。

ノンアルコールスパークリングワインは、お祝いの時用でしょうか。

 

お祝いとなると、自分以外の家族は飲みます。下戸は自分だけなのです。

奥さんは甘いスパークリングワイン、ASTIがお気に入り。自分はピーエル・ゼロ。

2本も開けることになりますが、このピエール・ゼロはハーフもあるのが好都合です。

 

 

甘くないノンアルスパークリングワインとしては、あとコレがあります。

ピエール・ゼロほどではありませんが、こちらもまあまあでした。

そして、こっちは安い。600円弱ですからピエール・ゼロの半分に近い。

普段飲みするならこっちを選ぶかもしれません。

が、普段はノンアルビールなので、ピエール・ゼロさえあれば十分そうです。

 

 

 


にほんブログ村


シニアライフランキング