もみじの備忘録 -池にカエルと金魚と白メダカ-

人生終盤に入ったけど、北関東南縁でキラキラした日々を過ごしたい!

テンカラ入門


スポンサードリンク

ちゃんとテンカラらしいテンカラをやろうと思います。

ドラカラなんて邪道なことやってないで、テンカラ毛針で水面直下を流すような。

 

というのも昨日がドラカラでボウズ。これじゃいかんとなりました。

言い訳すると、25年前に巻いたフライももう底を尽きてきつつあり、オイカワ/カワムツ相手に#16のテイル付きのフライしかなく。

出るけど食いきれないのです。

でも、これ以上毛ばりを小さくすると、自分が見えない。

それならいっそ、沈めちゃえばいいんじゃね? と思ったのです。

 

それに、ドライならやっぱりフライタックルのほうがいいよなぁ と思いました。

フライタックルなら、リーダーもティペットも長くとれますからね。

そのうち、#1のロッドでも買って、フライにも復帰してみたいけれど、やっぱりフライはちょっとめんどくさい。

 

一方、テンカラはシンプルです。ミニマルさが魅力。

竿1本に丸い糸巻き刺して、毛ばりもちょっとだけ。

フライベスト着る必要もなし、餌採る必要もなし。

 

なにも、ターポンやサーモン釣ろうってわけじゃあないんだから、「そんなんでいいんだよ」的な道具でも、十分遊べるはずです。

なんといっても、チビ姫と一緒に川に行っての、20分くらいの釣りですしね。

 

 

といいつつ、本格的なテンカラは未体験の領域です。

やっぱりレベルラインがいいのかな?

見えないのに、当たりはどうやって取るんだろう?

いざとなれば、ダウンクロスで狙うかな?

まぁ、やってみればなんとかなるでしょう。

 

とにかく、しばらくはテンカラ縛り!