もみじの備忘録 -池にカエルと金魚と白メダカ-

人生終盤に入ったけど、北関東南縁でキラキラした日々を過ごしたい!

ダイエット VS. 食欲の秋


スポンサードリンク

今日は「食欲の秋にダイエットするべきか?」というお話しです。

 

更なるダイエットへの意欲

自分のベスト体重は77.5kg。

5月に83kgあった体重も、その後2カ月のダイエット(ボウリングダイエットwithプチ断食)によりベスト体重まで絞れました。

その後はベスト体重のプラマイ1kgの範囲(76.5~78.5kg)で維持できています。

 

「このままキープすればいいかな」と思っていたところ、こんなことがありました。

血管年齢が58歳と診断されたのです。

年齢以上に身体は若いつもりでいたので、ちょっとショックでした。

 

これを機に、「もうちょっと痩せたほうがいいんじゃね?」と思い始めました。

「加齢とともに活動量も減り、筋力も落ちていくわけだから、ベスト体重を75kgにしてみようか?」なんて考え始めていました。

 

 

食欲の秋

しかし、先週の台風14号あたりから急に涼しくなり、それとともに食欲が湧きあがってきてしまいました。

まず、「ガッツリ肉食いたい」と感じ始めました。

その後は、車で走れば、タンメンも旨そう、あのcafeのカレーも、あそこのうどんも食べたいなとなってしまいます。

家での夕食後にも、「なんかもうちょっと食いたいぞ、ばかうけなかったっけ?」となってしまいます。

まさに『食欲の秋』って感じです。

 

これでは、更なるダイエットどころか、ベスト体重のキープすら難しいでしょう。

さて、どうしましょ?

 

 

本能には逆わない(逆らえない)

結局、本能には逆らわないほうがいいだろうからと、食べちゃうことにしました。

だって、この「食え!、食うんだ!」という身体からの強烈なメッセージには、抗える気がしません。不可抗力。

 

おそらくこの食欲も、秋が終わるころには落ち着くだろうと思います。

それまでの間は、仕方ないと思うことにしました。(まさか、春まで続くということはありませんよね?)

 

ただし、完全にタガを外すとまた83kgまでいっちゃいそうなので、80kg未満で抑えるつもりです。

冬には人間ドッグもあるので、80kg台の記録は残さないようにしなくっちゃ!

 

ボウリングダイエット with プチ断食も、筋トレも続けるので、なんとかなるんじゃないかな?

とはいえ、食べるものもメリハリをつけ、無駄に食べないようにしようと思います。

 

 

最近のアレコレ

先日、今月発表された消費者物価指数(コアCPI 2.8%、コアコアCPI 1.6%)について書きました。

デフレ脱却のため、インフレターゲット(インフレ目標)2%を目指しいろいろやってきて、やっと達成しつつあるこの数字を、自分は良いことだと思っています。

 

が、新聞テレビなどは「インフレ悪い」「円高放置してる日銀悪い」一色です。

本当とのころどうなのさ?、信頼してる人の意見を聞いてみたい というところまでが前回でした。

 

その後、日銀の金融政策決定会合もあり、信頼できる人達の意見も収集してみたところ、やっぱり以下のような認識で良さそうです。

  • インフレターゲット達成しつつあるといっても、外部要因(エネルギー価格高騰)によるものであり、まだ十分な達成とは言えない。
  • でも、だいぶいい数字にはなってきている。あとは賃金への還元が待たれる。
  • 最優先すべきはデフレ脱却。ここで日和って金融緩和の手を緩めてはいけない。
    (なので、今の日銀のスタンスは正しい)

 

もちろん、「信頼できる人達」の選択次第で、このあたりの認識も全く変わってしまうと思います。

が、自分としては10年以上意見を聞き続け、一度も期待を裏切ってない人達を信頼しているので、間違いはないと考えています。

 

その後、為替介入もありました。こちらは日銀主導ではなく、財務省主導。

今回のは、「金融緩和維持だけれど、何もしないわけじゃないよ」というメッセージでしょうか。

お隣の国と違い日本の場合、介入の手玉は十分あるようですから、これからも機を見て行われるのでしょう。

 

こういったことを、今後もブレずに進めていただきたい。

そして、いい方向に行ってくれることを祈ります。

 

でも、いつかは円高に戻って欲しい。

じゃないと含み損が凄いことになってるスイスフラン/円を、いつまでたっても決済できない・・・(笑)

 

 


にほんブログ村


シニアライフランキング