寄る餌を投入「寄せグル」「真底」


スポンサードリンク

餌の作戦が乏しい

去年秋から、ほとんどを「いもグル+凄グル」で釣ってました。

それ以外に持ってた餌は、初心者にお勧めのパウダーベイトヘラ と 九ちゃん のみ。

なので餌の作戦といえば、この2つだけ。
・「いもグル+凄グル」だけで寄らない時に、九ちゃんをまぶすor混ぜる
・パウダーベイトヘラを大きくつける(でも麩が苦手なので、これはほとんどやらず)

それでも当たりが出ないと、もうお手上げでした。


当たりが遠くなった1月には、
「冬は軽いエサじゃなきゃだめなんじゃね?」と思いつき、
「わたグル」を買ってみましたが、何も状況は変わらずでした。


最近は、バラケるグルテンが欲しいと思い始めたのですが、
ヘラ餌の品揃えが多い釣り具屋に行く機会がなく、手に入りません。

仕方なくマッシュポテト(食用)を使い始めたりしてますが、
寄せる作戦としては、やっぱり九ちゃんを混ぜるしかなく。

なので、寄る餌が欲しいと思ってました。


寄る新餌

というわけで、寄る餌選びを始めました。


なお、僕はそもそも麩餌が苦手&好きじゃありません。
ボソボソしてて、餌付けしづらいし、繊細だし。

やたら体積がでかいのも嫌。荷物は極力小さくしたいので。
餌:水 が 5:1とか4:1 なんて比率なのも嫌。
グルテンみたいに1:1がいいな。許容範囲はせいぜい2:1。

それに、麩餌だとヘラしか寄らないイメージがあります。
僕は鯉っ子とかマブナも(を)寄せたいのです。


となると、なかなか良い餌が見つかりません。
やっぱりマッシュ系(含むグルテン)中心になってしまうのかしら?

いっそ、さなぎ粉やペレットやサツマイモパウダーを買って、
バラケるグルテンに混ぜるのはどうだろうか? と 思ったりしはじめたころ
これが良さそうだという餌を2つ見つけました。

「寄せグル」と「真底」です。


寄せグルは、いもグルよりもサツマイモが多いらしいし
更にさなぎ粉とペレットも入ってるらしく。

ってことは、「いもグル九ちゃんまぶし」の強力版って感じでしょうか。
寄せる力はグルテン系では一番強力な気がします。成分的には。

バラケさせて寄せたいときには、マッシュポテト混ぜてみよう。
待ちたい時とか食わせ用には、凄グルorわたぐる混ぜてみよう。
そう考えてます。


真底は、マッシュベースの集魚力の高い底釣り餌だという情報に惹かれました。
実際には麩もかなり入っているようですが、それでも、体積はそう大きくありません。
餌:水も2:1なので、許容範囲です。

「底釣り用にしては軽め」らしいのも良い気がしました。
ホームの公園の池は1.5m程度ですから。


両方とも、あまり売れてる餌じゃない気がしたので、
大型のヘラ専門店まで行って購入してきました。

よし、これで寄りまくりだ!



ホントに寄りまくり!

新餌を持って、昼から出撃しました。

水温が10℃程度と低目だったので、7尺ではなく11尺にします。
新餌は、まずは「寄せグル」から試します。


単品の両グルテンで始めましたが、あまりバラケないようなので、
マッシュを作って、寄せグルと1:1くらいで混ぜてみました。

ウキの動きから、イメージ通りにバラケてるっぽいなと感じたと同時に、
泡づけが始まり、さわりも当たりも出てきました。
泡はどんどん増え、ウキも動きっぱなし。

ホントに寄りまくりです。こんなの久しぶり!


が、釣れません。泡とさわりばかりで、消し込みません。
下針を寄せグル単品にもどしたり、寄せグル+凄グルに替えたりしましたがダメ。

この状態で2時間釣れず。
釣れそうだから楽しいんだけど、なんとも悔しく辛い2時間でした。

結局、何が悪いんだかわからないまま、ヘラを2匹かけ1匹獲っただけ。

今思えば、ジャミだったのかな?


ホントに寄りまくり2

その1匹をばらした時に、頭上の木に仕掛けをひっかけダメにしたので、
11尺はここまでとし、次は7尺で真底を試すことに。

真底って、釣り堀の鯉の餌っぽいと思いました。手触りも匂いも。
子どものころ鯉釣り堀に通ってた僕としては、安心できる感じです。


7尺なので1本針ですが、すぐにアタリがあり、その後もアタリが続きます。

またまた寄りまくりですかっ!
そいてもって、またまた釣れない地獄ですかっ!

と心配になったのですが、今度はそう苦労せずに釣れました。

良い型のマブナさんが3連発、1匹はバレ2匹獲れました。
その後にヘラブナさんも1匹。

あとは鯉っ子を釣りたいぞ と粘りましたが、時間切れになりました。


新餌2種類、期待通りの寄せを見せてくれました。

でも、いもグルとかパウダーベイトヘラでも、
寄りまくりな日だったのかもなぁ・・・とも思ったり。(どうなんでしょう?)


レフティーフィッシング

今日は左手で竿を扱いました。

右でも下手な振込が、左手で、それも11尺じゃ、「まず悲惨なことになるだろう」と思ってたのに、
左の振込は1投目から右よりも上手いくらいでびっくり。

変に手を動かさない(動かせない)ほうがいいってことけ?
結局、今まで釣りした中で一番振込が安定した一日になりました。


ただ、右で餌が扱えません。
慣れない上に、右手は常にしびれていて、感覚も鈍くなってるので、餌がうまく丸まりません。
こねたりするのはできますが、そういう動きは痛みが出ます。

仕方なく、竿も左、餌も左。まぁ、効率が悪いこと。


あと、左手だと合わせが難しい。とっさに手が動きません。
動かさなきゃと思うと、大きく合わせすぎて後ろの木にかけちゃったり。

今日、当たりが多かったわりに、たいして掛けられなかったのは、
そのせいもあったのかもしれません。


まぁ、しばらくすれば、左手の合わせも上手くなるでしょう。
治療しながら釣り続けるには、これしか方法はありませんしね。

にほんブログ村 小物釣り