池にカエルと金魚と白メダカ

そんなんでもいいんだよ教の信者です。ゲロゲロ。

庭用電子ピアノ選び、カエルや金魚に聞かせたい


スポンサードリンク

きっかけは、ギターを手放したこと

立春も過ぎ、暖かい日が続いています。運気も新年に切り変わったようで、自分も新しいことを始めたいなと感じています。

そんな折、たまたま「ギターが欲しいんですが・・・」という若者に、自分の古いギターを譲りました。自分はもうギターは弾かなそうなので。

で、その代わり、より気軽にできるピアノ(というかキーボード)でもやろうかとなりました。自分ピアノなら、遊び程度には弾けます。独学自己流ですがギターよりは得意。

でも、電子ピアノをリビングから他の部屋に移してからは弾いてません。それに、この電子ピアノもだいぶガタが来てしまっており。

ならば、新しく小ぶりな電子ピアノでも買ってみようかな となりました。ポイントもいろいろ貯まってることだしね。

 

伏線いろいろ

きっかけはこんな感じでしたが、それ以前にもいろいろ伏線はあったのです。

読ませていただいてるブロガーさんにピアノやってる方が多く、刺激を受けてたのもそう。YouTubeで都庁ピアノ動画とかを見て、弾きたくなったのもそう。

もちろん、ピアノYouTuberさんのように弾けるわけもありませんが、見てると弾けそうな気がしてくるじゃないですか(笑)。それに、実際頑張って弾いちゃう方も居てビックリ、特に一番刺激を受けたのがこの方。

youtu.be

64歳からですって、すげーなホント。こんなに弾けたらいいですよね。

この動画見た時には、「よし、自分もやってみるか、Moonlight Sonata!」となり、こんな記事まで再掲してみたものの 

自分は、「楽譜読めない」「ハ長調しか弾けない 」のを思い出し諦めました。

でも、そんなことの積み重ねで、弾きたい気持ちは募ってたようです。

 

電子ピアノ選び

そんなわけで、電子ピアノを選び始めました。要件はこんな感じ。

  • 軽量小型で持ち運び易い
    -リビングとか、車の中とかでも弾けるよう小ぶり。
    -スタンドなしで使う予定なので、膝に乗せて弾ける重さ。
    -スピーカー内臓・電池稼働可
  • 61鍵盤
    -上手じゃないんだから88鍵盤とかは言わない。でも61は欲しい。
  • タッチレスポンス
    -これは必須。ないと弾いてて面白くない。
     軽量モデルに求める機能じゃない気もするけど。
  • シンプル 
    -いろんな機能はいらない。音色もどうせピアノとオルガンしか使わない。
    -でも、トランスポーズだけは欲しい。ハ長調しか弾けない人なので。

 

調べたら、要件に合う電子ピアノの中で最軽量はコレ。

カシオトーンCT-S200

カシオトーンCT-S200(タッチレスポンス無)、約3.5kg。
同じ重量でタッチレスポンス付きのモデルがCT-S300

これでいいかな。カシオの楽器の音好きだし、価格も安いし。他の61鍵盤モデルは約5kgと重く膝に置けそうもないし。 

でも不安が3つ。

  • 61鍵盤って、ホントに足りる?
  • 3.5kgってどのくらい?、軽々持てる?、膝に置ける?
  • タッチレスポンスも含め、鍵盤の弾き心地はどんな感じ?、

このあたりはもう、実機触ってみないと判らないので、行ってきました島村楽器。久しぶりのおでかけ、久しぶりのショッピングモールです。

で、結果はOK。61鍵盤は微妙だけど、大きさから仕方なし。3.5kgもまぁなんとか。弾き心地も良く(軽いけど)、音も良かった。決定!

あとは、いつ、どこで、何のポイント使って買うかだけです。楽しみ!

 

CT-S200/CT-S300の使い方

せっかくなので、CT-S200/CT-S300 の動画をいくつかご紹介。

まずは、casioさんの動画を2つ。商品コンセプトが「持ち歩くキーボード」だってことが良くわかります。

youtu.be

youtu.be

 

世界の利用者さん達の動画も3つ。自分も池の前で弾きたいぞ!

youtu.be

youtu.be

youtu.be

 

にほんブログ村 シニア日記