池にカエルと金魚と白メダカ

そんなんでもいいんだよ教の信者です。ゲロゲロ。

鳥撮り引退、撮り納めはヒバリ


スポンサードリンク

夏の踏切

日記ブログの冒頭には、季節のことを書くことにしています。

季節というと、花など植物のことが多くなりますが、季節を感じさせてくれるのは植物だけではありません。

夏の踏切

踏切です。踏切は夏の季語だと思います。(いいえ、空や草のせいです)

この踏切の向こうに、いい感じの用水路を見つけました。来週は釣ってみようかな?

 

鳥撮り引退、撮り納めはヒバリ

この冬、スズメやヒヨドリキジバトなどの餌をやるようになってから、鳥にも興味を持ちました。鳥撮りな人のブログも、何人かフォローさせてもらってます。

すると、名前は知ってても、姿を知らない鳥ばかりなことに気づかされます。写真を見させていただき、「へー、こんな姿だったんだぁ・・」と初めて知るわけです。

 

その中でも、特にイメージと違う姿だったのがヒバリ。

オスのヒバリ

ヒバリです。この姿、知ってました?(写真は借り物です)

私がヒバリの姿を知ったのは4月、gagambowさんのブログでした。

gagambow23.hatenablog.com

 

gagambow23.hatenablog.com

 

それが、6月になり、朝公園に行くようになると、そこでヒバリを目にするようになりました。公園の石の上から、はるか上空まで飛んでいく姿も何度か見ました。

 

でも、写真には撮れずにいましたが、今朝はとうとう写真に撮れました。

広い芝生の公園です。ヒバリは遠くにいます。
自分近眼なので、スズメだかヒバリだかハトだか、この時点では全くわかりません。

 

そっと近寄り、500mm望遠で撮ってみました。
あら、今回はそこそこ撮れてますね。

 

メスのヒバリですかね?、それとも冠羽たたんでるだけ?

 

冠羽を立てたヒバリ

こちらは冠羽が立ってます。これならヒバリと判ります。

本職の鳥撮りの人の写真とは比べ物になりませんが、本人はこれでもかなり満足しています。とりあえず、鳥が撮れたことが嬉しいのです。

 

でも、望遠カメラは引退しようと思っています。2ヶ月程持ち歩いてみましたが、そこそこ重いし荷物になるし、カメラ持ってると他のことができなくなるし。520mmのカメラは手放し、「写真はスマホのみ」に戻る予定です。

望遠カメラを手放す前に、一応鳥が撮れて良かったです。

 

鳥はせっかく覚えはじめたので、写真なしでの観察は続ける予定です。昨日もいつもの公園でカワセミを見ました。

遠くの鳥は単眼鏡で見ています。これなら軽いので、首から下げてても苦ではありませんし、1,000円しないので、車に常備しています。

 

 

 

最後のレバニラ炒め

昨日は、最近レギュラーメニュー化されたレバニラ炒めにしました。レバーは買ったらすぐ消費してます。

レバニラ炒め。残りご飯があったのでチャーハン。砂肝とトマトを添えました。

栄養もあるし価格お安いレバーですが、昨日は兄ザルが「俺やっぱりレバー苦手だわ」とカミングアウト。あらら、そうきましたか。

というわけで、レバニラ炒めは昨日が最後になりそうです。せっかく、作るのにも慣れてきたところですが、まぁ仕方なし。

 


にほんブログ村


シニアライフランキング