翌日も釣りに行ってみた2


スポンサードリンク

昨日楽しかったから

昨日、暖かいのに当たりが少なかったり、腕が痛かったりしたけど、
苦労したあげくに最期の1投で釣れて、うれしさ爆発・歓喜の嵐だったので、
その勢いで今日も行ってしまいました。

今日のほうが少し寒いようだけど、
家の小さな池の金魚&チビ錦鯉達も、元気にエサを食べてたから大丈夫でしょう。
(あれっ、これって1週前と同じ展開け?)


でもって、今日は16:00から釣ることにしました。
昨日もそうですが、釣れるのは夕方だけということに気づいたからです。

おそらくこれって、ベテランヘラ釣師さん達がいる間は、僕には釣れなくて、
ベテランヘラ釣師さん達が帰るとやっと、僕の餌の周りにもやっと魚が寄るってことなんじゃないかと。

なので、ベテランのヘラ釣師さん達が帰る、16:00くらいから釣ることにしてみました。


ベテランは帰ったけれど・・・

16:00に行ったら、釣り場はもうかなり空いてて好きな場所に入れるし、かなりの広さを独占できます。

『我ながら良いことに気づいた、これは良い作戦だ』と最初は思ってましたが、そこには落とし穴が。

寒いのです。

2月の夕方は、昼間と違ってとても寒い。
更に今日は風も強く。体感温度はかなり低い。
冬から春への逆戻りした感じです。

こりゃ、腕痛くなること必至です。

そして、1時間半全く当たりなし。
全然いい作戦じゃねーずら(涙)


片付け始めたら・・・

17:15になりました。
餌は残ってるけど、昨日と違い釣れる気がしないので、もう片付けることに。

残りの餌を全部針につけた竿を足元に置き、竿掛けバケツやら餌ボールやらを片付けます。


今日は釣れなかったなぁ。
やっぱり、こういう日は来るもんじゃないなぁ。
やっぱり、混んでても釣れなくても、昼間にきたほうがいいかな?
症状悪化したら、釣りどころじゃなくなっちゃうしなぁ・・・

なんて考えながら、ほとんど片付け終わったころ、
足元に置いた竿のウキがスルスルと沈んでいきました。

ん? なんだ? 

上げてみると、ギラリと金色の魚体。鯉です。今年初めての鯉!


40cm弱くらいの太ったキレイな鯉でしたが、寒さのせいかまだあまり走りません。

それでも、なかなか寄らないトルクはさすがに鯉。
腕痛いから、早く網に入ってほしいのに・・・


というわけで、2日連続最期の最期に釣れました。
これだから、腕痛くても止められません。

にほんブログ村